MENU閉じる

About PIC [ PICについて ]

Home > PICについて

太平洋諸島センターについて

太平洋諸島センター(Pacific Islands Centre, PIC)(正式名称:南太平洋経済交流支援センター、South Pacific Economic Exchange Support Centre, SPEESC)は、1996101日に日本国政府と 太平洋地域の国際機関である南太平洋フォーラム(現 太平洋諸島フォーラム:PIF)とにより設立された国際機関で、日本とフォーラム加盟島嶼国(Forum Island Countries, FICs)との間の貿易・投資・観光の 促進を通じて、同島嶼国の経済的発展を支援することを目的としています。
太平洋諸島フォーラム(1971年発足)には、太平洋島嶼国14カ国+2地域、及びオーストラリア、 ニュージーランドが加盟しています。

対象国

*PICの活動対象先は上記14か国+2地域(仏領ポリネシア、ニューカレドニア)となります。

目的

当センターの活動目的は以下の通りです。


太平洋島嶼国と日本との間の貿易を促進すること

日本から太平洋島嶼国への投資を促進すること

日本から太平洋島嶼国への観光客数を増加させること
具体的な業務

当センターは、太平洋島嶼国と日本との間の貿易・投資・観光を促進するために以下のような業務を行っています。

情報のご提供
貿易情報貿易に関する情報
・太平洋島嶼国の輸出希望産品の紹介
・太平洋島嶼国の特定の産物や製品などの日本市場の動向
投資投資に関する情報
・太平洋島嶼国の投資環境や制度の紹介
・太平洋島嶼国の経済社会関連の統計
観光観光に関する情報
・太平洋島嶼国の観光地、宿泊施設等の紹介
・太平洋島嶼国への旅行手配が可能な旅行業者の紹介
ビジネスミッションの派遣

太平洋島嶼国との貿易、太平洋島嶼国への投資などにご関心のある日本の企業の皆様と現地を訪問、ビジネスチャンスに繋げていただけるようサポートいたします。

ビジネスセミナーの開催

太平洋島嶼国とのビジネスを身近に感じていただけるよう、現地の最新情報などをお伝えするセミナーを開催しています。

展示会への出展

貿易関連の展示会で太平洋諸島から招へいした輸出希望企業をご紹介するほか、観光関連の展示会で太平洋諸島の旅の魅力をお伝えしています。

資料の発行

太平洋島嶼国と日本との貿易・投資・観光に役立つ各種資料を発行しています。
出版物一覧はこちらをご覧ください。

展示室の開放

事務所に併設の展示室にて各国の輸出希望製品がご覧いただけるほか、ご自由にお持ちいただける観光資料等をご用意しています。
ご利用可能な時間は下記オフィスアワーに準じます。

 

太平洋諸島フォーラム 貿易・投資事務所

太平洋諸島フォーラム 貿易・投資事務所 Pacific Islands Trade and Invest (PT&I)ネットワークの東京オフィスとしても業務を行っています。
Pacific Trade Invest (https://pacifictradeinvest.com/
ニュースレター(https://pacificperiscope.wordpress.com/

PIFとは

太平洋諸島フォーラム(PIF)は,1971年8月,第1回南太平洋フォーラム(SPF:PIFの旧名称)首脳会議がニュージーランドのウェリントンにおいて開催されて以来,大洋州諸国首脳の対話の場及び地域協力の核として発展してきました。現在,オーストラリア,ニュージーランド,パプアニューギニア,フィジーなど16ヶ国・2地域が加盟し,政治・経済・安全保障等幅広い分野における地域協力を行っており,事務局(PIFS)はスバ(フィジー)にあります。毎年1回総会を開催しています。

太平洋諸島フォーラムHP(英語)はこちら(https://www.forumsec.org/
太平洋諸島フォーラム概要(外務省)はこちら(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/pif/gaiyo.html
所長挨拶(2021年新年ご挨拶)

新年明けましておめでとうございます。

新型コロナウイルス第3波が猛威を振るう中、東京の年明けはステイホームの自粛ムードに覆われていましたが、爆発的な感染拡大が続き、遂には、首都圏4都知事が政府に対して緊急事態宣言を要請すると言う切羽詰まった状況となりました。
今日、仕事始めで出勤する多くの人々は、今年はどんな年になるのだろうという先行きに対する不安を隠しきれない様子です。

一方、コロナ禍に呻吟する企業に向けた世界的な大規模な金融緩和措置は、ダウ株価指数の史上最高値の更新や、日経平均株価の高値を招来し、これに欧米で開始された新型コロナウイルスワクチンの接種の動きは、今年の世界経済の回復・拡大への期待を高めています。

大平洋島嶼国では、マーシャル諸島で、昨年末よりアメリカ政府供与のワクチン接種が開始されました。また、パラオとミクロネシア連邦では年明けにもワクチン接種が開始される予定です。
新型コロナウイルス対策として、事実上の国境封鎖が功を奏し、太平洋島嶼国の殆どの国々は、感染者を極限に迄抑えきっていますが、一方観光を中心とした多くの産業は甚大な影響を被っています。自国政府の支援、コミュニティの共助、サブシステンスの下支えと言った自助努力に加え、環太平洋のドナー国からの緊急支援もあり、迫りくるコロナ禍を官民一体で乗り切ろうとしています。

2021年は、日本と太平洋島嶼国の関係では、3年に1回の太平洋・島サミット(第9回)が三重県志摩市で開催の予定です。1年延期された東京オリンピック・パラリンピック大会に先立って開催される日本国政府主催の国際会議として、注目度も高いと予想されています。コロナ禍の中で、外務省や三重県をはじめ関係者の皆様方が着々と準備を進めておられますが、太平洋島嶼国との重要な交流の機会であり、PICも色々な形でご協力をさせて頂いています。

PICは、昨年、日本と太平洋島嶼国の人事往来が殆ど途絶える中、オンライン・ビジネスセミナ―の開催と国内展示会への出展を中心に事業を展開して来ました。
今年も、3月には、FOODEX Japan 2021に初めて独自出展し、島嶼国・日本の8企業に参加頂く予定です。

2021年は、新型コロナウイルスの疫禍から徐々に脱却して行く年になると思いますが、太平洋島嶼国においてどの様な展開がなされるのか、先行きは不透明です。
PICとしては、各国のアフターコロナの動向を注視しつつ、日本と太平洋島嶼国間の国際交流促進の一翼を担う国際機関として、貿易・投資・観光の流れを絶やさず、その維持・拡大に、尽力して行きたいと思っております。

本年も引き続き皆様方のご支援を宜しくお願い致します。

2021年1月4日国際機関 太平洋諸島センター所長 斎藤龍三

 

 

 
お問い合わせ先

国際機関 太平洋諸島センター
オフィスアワー:午前9時~午後5時(土・日、祝日、年末年始は休業)
住所:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22-14 明治大学 紫紺館1階(M​AP
Tel:03-5259-8419 / Fax:03-5259-8429 

お問い合わせフォームはこちら