MENU閉じる

About PIC [ PICについて ]

Home > PICについて

太平洋諸島センターについて

太平洋諸島センター(Pacific Islands Centre, PIC)(正式名称:南太平洋経済交流支援センター、South Pacific Economic Exchange Support Centre, SPEESC)は、1996101日に日本国政府と 太平洋地域の国際機関である南太平洋フォーラム(現 太平洋諸島フォーラム:PIF)とにより設立された国際機関で、日本とフォーラム加盟島嶼国(Forum Island Countries, FICs)との間の貿易・投資・観光の 促進を通じて、同島嶼国の経済的発展を支援することを目的としています。
太平洋諸島フォーラム(1971年発足)には、太平洋島嶼国14カ国+2地域、及びオーストラリア、 ニュージーランドが加盟しています。

対象国

*PICの活動対象先は上記14か国+2地域(仏領ポリネシア、ニューカレドニア)となります。

目的

当センターの活動目的は以下の通りです。


太平洋島嶼国と日本との間の貿易を促進すること

日本から太平洋島嶼国への投資を促進すること

日本から太平洋島嶼国への観光客数を増加させること
具体的な業務

当センターは、太平洋島嶼国と日本との間の貿易・投資・観光を促進するために以下のような業務を行っています。

情報のご提供
貿易情報貿易に関する情報
・太平洋島嶼国の輸出希望産品の紹介
・太平洋島嶼国の特定の産物や製品などの日本市場の動向
投資投資に関する情報
・太平洋島嶼国の投資環境や制度の紹介
・太平洋島嶼国の経済社会関連の統計
観光観光に関する情報
・太平洋島嶼国の観光地、宿泊施設等の紹介
・太平洋島嶼国への旅行手配が可能な旅行業者の紹介
ビジネスミッションの派遣

太平洋島嶼国との貿易、太平洋島嶼国への投資などにご関心のある日本の企業の皆様と現地を訪問、ビジネスチャンスに繋げていただけるようサポートいたします。

ビジネスセミナーの開催

太平洋島嶼国とのビジネスを身近に感じていただけるよう、現地の最新情報などをお伝えするセミナーを開催しています。

展示会への出展

貿易関連の展示会で太平洋諸島から招へいした輸出希望企業をご紹介するほか、観光関連の展示会で太平洋諸島の旅の魅力をお伝えしています。

資料の発行

太平洋島嶼国と日本との貿易・投資・観光に役立つ各種資料を発行しています。
出版物一覧はこちらをご覧ください。

展示室の開放

事務所に併設の展示室にて各国の輸出希望製品がご覧いただけるほか、ご自由にお持ちいただける観光資料等をご用意しています。
ご利用可能な時間は下記オフィスアワーに準じます。

 

太平洋諸島フォーラム 貿易・投資事務所

太平洋諸島フォーラム 貿易・投資事務所 Pacific Islands Trade and Invest (PT&I)ネットワークの東京オフィスとしても業務を行っています。
Pacific Trade Invest (https://pacifictradeinvest.com/
ニュースレター(https://pacificperiscope.wordpress.com/

PIFとは

太平洋諸島フォーラム(PIF)は,1971年8月,第1回南太平洋フォーラム(SPF:PIFの旧名称)首脳会議がニュージーランドのウェリントンにおいて開催されて以来,大洋州諸国首脳の対話の場及び地域協力の核として発展してきました。現在,オーストラリア,ニュージーランド,パプアニューギニア,フィジーなど16ヶ国・2地域が加盟し,政治・経済・安全保障等幅広い分野における地域協力を行っており,事務局(PIFS)はスバ(フィジー)にあります。毎年1回総会を開催しています。

太平洋諸島フォーラムHP(英語)はこちら(https://www.forumsec.org/
太平洋諸島フォーラム概要(外務省)はこちら(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/pif/gaiyo.html
所長挨拶(2022年新年ご挨拶)

新年明けましておめでとうございます。

新型コロナウィルスの第3波が猛威を振るっていた1年前とは様相を異にして、今年のお正月は、第5波の終息により小康状態を保った中で、比較的穏やかな雰囲気で迎えられた方々が多かったのではないでしょうか。大手百貨店では風物詩である店頭での福袋販売も本格的に復活した様ですし、大発会を迎えた4日の東京株式市場は、前日過去最高値を記録した米国株上昇が追い風となり、大幅に上昇しました。
一方、昨日の東京の感染者数は103人と昨年10月8日以来の100人超えとなり、オミクロン株の拡大による第6波への不安は隠しきれません。

太平洋島嶼国の多くの国々では、事実上の国境封鎖により、コロナ感染は食い止められていますが、フィジーとパプアニューギニアでは、コロナ感染が防ぎきれておらず感染者数も増加の一途です。
日本からの入国が可能な国は5ヶ国に止まって人的交流も滞っており、ビジネス関係者の皆様方は大いにご苦労をされておられる事と思います。

PICもオンラインを中心とした活動に切り替えておりますが、特に、入手しづらくなっている太平洋島嶼国の貿易・投資・観光を取り巻くアップデートな情報を日本の皆様にお伝えして、現地とのビジネス推進に役立てて頂きたいと考えております。この2年間で7ヶ国を取り上げて来ましたが、全ての島嶼国をカバーすべく、今後も継続して参ります。
また、島嶼国企業の対日輸出を支援すべく、FOODEX JapanやInternational Seafood Show等実開催の展示会には可能な限り出展をしております。今年も来る3月のFOODEX Japanに参加致します。
更には、長らく途絶えておりました、Pacific Islanders Club懇談会も近々開催する方向で検討しております。

昨年は、サモアとトンガで政権交代があり、ニューカレドニアの住民投票やソロモンの反政府暴動が引き続きました。今年は、パプアニューギニアとフィジーで総選挙が予定されており、また、ミクロネシア地域諸国のPIF脱退の可能性がある等、太平洋島嶼国を取り巻くビジネス環境の変動には目が離せません。
PICと致しましては、これら島嶼国の一連の動きを注視つつ、with/afterコロナを見据えながら、関係者の皆様方と連携して、日本と太平洋島嶼国間のビジネス維持・拡大への効果的なサポートを行って行きたいと思っています。

本年も引き続き皆様方のご支援を宜しくお願い致します。

2022年1月4日

国際機関 太平洋諸島センター所長 斎藤龍三

 

 

 
お問い合わせ先

国際機関 太平洋諸島センター
オフィスアワー:午前9時~午後5時(土・日、祝日、年末年始は休業)
住所:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22-14 明治大学 紫紺館1階(M​AP
Tel:03-5259-8419 / Fax:03-5259-8429 

お問い合わせフォームはこちら