MENU閉じる

COUNTRY INFORMATION [ 各国の情報 ]

ホーム > 各国情報 > パラオ

パラオ

概要
正式国名 パラオ共和国(The Republic of Palau)
(現地語ではベラウと呼ばれている。)
面積 415.58 k㎡(Office of the Palau Automated Land and Resources Information Systemより)
人口 17,661人(2015年、パラオ共和国政府)
首都 バベルダオブ島 マルキョク(Melekeok)
民族 ミクロネシア系
主要言語 パラオ語、英語
宗教 キリスト教(約80%)、伝統宗教・その他(約20%)
政体 大統領制
1人当たりGNI  12,700米ドル(2017年、世界銀行)
通貨 米ドル (US$)
電話の国番号 (680)+(相手の番号)

地理

 パラオ共和国は、フィリピンの東、ミクロネシアの最西端に位置し、ミクロネシア地域ではキリバス(810k㎡)、ミクロネシア連邦(700k㎡)、グアム(543k㎡)、に次ぐ広さを持つ。面積は415.58k㎡。ロックアイランドと呼ばれる島々を含めた大小約200の島で構成されている。日本の真南に位置し、日本との時差はない。

 

気候

 海洋性の熱帯気候であり、1日の最高気温は平均30℃。年間平均気温は27.9℃、湿度82%。年間降雨量は多いが、スコール性。コロール島で3,784ミリ。乾期(11 〜4月)、雨期(5〜10月)に分かれている。

 

歴史

●先史時代

 紀元前2500年頃に現在のインドネシア東部から移住したモンゴロイドが、パラオ人の紀元とする説が有力である。ペリリュー島やアンガウル島で発見された移住跡から先史代が推定されている。

●英国・スペイン人との交流

 1579年に英国人キャプテン・ドレークがパラオに現れ交易を始めたのが最初といわれている。次いでスペイン人フランシスコ・パディラが1710年にソンソロール島を発見。その後1783年にキャプテン・ヘンリー・ウィルソン率いる英国船『アンテロープ』号がアラカベサン島沖で座礁したのを大酋長アイバドルが救助したことが端緒となり、西洋人との交流が盛んになった。1821年(文政4年)に日本船『神社丸』(現在の岩手県宮古市が母 港)の船員11名が漂流、4年間滞在し、マカオ経由で7名が帰国したという史実がある。

●スペイン植民地時代(1885〜1899年)

 1800年代後半にスペインが本格的にパラオへ進出し、1885年にローマ法王の裁定でパラオはスペインの植民地となった。このスペイン植民地時代は約15年間続いた。その頃、日本人との交易もあったが、スペインが1899年の米西戦争に敗れたため、パラオを含むミクロネシア諸島はドイツに売却された。

●ドイツ植民地時代(1899〜1914年)

 ドイツ人はパラオでコプラ生産に意欲的に取り組み、1909年にはアンガウル島でリン鉱石の採掘を開始するなどしたが、コプラを中心とする貿易の主導権は次第に日本人貿易商に移行した。

●日本人の統治時代(1914〜1945年)

第1次世界大戦により、日本は1914年にパラオを含むミクロネシアのドイツ領を占領し、1920年からは国際連盟によって日本の委託統治領となった。日本はその後、第2次世界大戦終結までの31年間統治した。コロールには現在の北マリアナ諸島、パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島を管轄する南洋庁の本庁が設置され、パラオは教育から産業育成に至るまで南洋統治の中心地として繁栄した。その背景には、日本からの移民(多くは沖縄出身者)の活躍があり、彼らはリン鉱石採掘、農業、漁業など様々な分野の生産に従事した。日本人の人口は1937年に11,391を数え、パラオ人の約3倍に達したと言われている。第2世界大戦の最終段階には、パラオの日本軍施設が連合軍の爆撃目標になり、戦艦、戦闘機、軍施設が徹底的に破壊された。

●独立への道

1947年、国連はパラオを含むミクロネシアをアメリカの信託統治地域とし、アメリカは同地域を戦略的要衝と位置付けた。1969年からはミクロネシア各国の政治地位をめぐる交渉がアメリカとの間で始まったが、軍事的権益を求めるアメリカ側と完全自治を求めるミクロネシア側の交渉は難航した。1977年にミクロネシア憲法が起草されたが、パラオは翌年の住民投票で、これを拒否してミクロネシア地域の統一国家から離脱することを決定し、1981年にパラオ憲法を施行して自治政府を発足させた。1993年11月に懸案であったアメリカとの自由連合盟約(通称コンパクト)を住民投票で承認し、1994年10月に独立を達成、12月には国連に加盟した。

 

政治

アメリカを参考にした制度が採用され、大統領制がとられている。正副大統領の任期は4年間で、直接選挙で選出される。議会は2院制で、州の代表から成る下院(16 名)と投票数の上位から成る上院(13名)で構成されている。各省庁を所掌する大臣は大統領が任命する。政党は存在しない。1994年に国連加盟。各種の国際機関(FAO、IMF、UNESCO、WHOなど)や地域機関(PIF、FFAなど)に加盟している。パラオにある外国公館は、日本、アメリカ、台湾である。パラオには軍隊がなく、自由連合盟約(コンパクト)により安全保障・防衛の権限と責任はアメリカが有している。国内には小規模な米軍施設(アイライ州)があるが、実戦部隊は駐留していない。

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報