MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

ホーム > パラオ

パラオ

概要
正式国名 パラオ共和国(The Republic of Palau)
(現地語ではベラウと呼ばれている。)
人口 17,661人(2015年、パラオ共和国政府)
民族 ミクロネシア系
宗教 キリスト教(80%)、伝統宗教・その他(20%)
1人当たりGNI 12,700米ドル(2017年、世界銀行)
電話の国番号 (680)+(相手の番号)
面積 415.58 k㎡(Office of the Palau Automated Land and Resources Information Systemより)
首都 バベルダオブ島 マルキョク(Melekeok)
主要言語 パラオ語、英語
政体 大統領制
通貨 米ドル (US$)
パラオ共和国は、フィリピンの東、ミクロネシアの最西端に位置し、ミクロネシア地域ではキリバス(720k㎡)、ミクロネシア連邦(701k㎡)、グアム(541k㎡)、に次ぐ広さを持つ。面積は488k㎡で屋久島とほぼ同じ広さ。ロックアイランドと呼ばれる島々を含めた大小200の島で構成されている。日本の真南に位置し、日本との時差はない。

観光情報

 

 

●気候

海洋性の熱帯気候であり、1日の最高気温は平均30℃。年間平均気温は27.9℃、湿度82%。年間降雨量は多いが、スコール性。コロール島で3,784ミリ。乾期(11〜4月)、雨期(5〜10月)に分かれている。

●アクセス

パラオへは直行便・経由便共に複数の航空会社が運航している。
ユナイテッド航空:日本各地(成田・名古屋・関西・福岡)からグアム経由。
アシアナ航空、大韓航空:日本各地(成田・名古屋・関西・福岡・札幌等)からソウル(インチョン)経由。
チャイナエアライン:日本各地(成田・名古屋・関西・広島)から台北経由にて定期便を運航。
日本航空(JAL)・ウズベキスタン国営航空・全日本空輸(ANA)はチャーター便として年間数便を成田から直行で運航。

●ビザ、出国税

30日間以内であればビザは不要。延長は30日間を2回に限り可能。出国税は現在、航空券代にプリスティン・パラダイス環境税として100ドルが上乗せされており、現地で徴収されることはない。

●時差

日本の真南に位置し、日本との時差はない。

●電気

電圧は110ボルト、プラグ形式は日本と同じ。

●飲料水

基本水道水は飲めない。地元住民は雨水かミネラルウォーターを飲用。

●アクティビティ

・シュノーケリング

・ダイビング

・フィッシング

・ドルフィンズ・パシフィック

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。
パラオ政府観光局HPはこちら

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報