MENU閉じる

COUNTRY INFORMATION [ 各国の情報 ]

ホーム > 各国情報 > ソロモン諸島

ソロモン諸島

概要
正式国名 ソロモン諸島(Solomon Islands)
人口 653,248人(2017年 ソロモン諸島政府統計局推計)
民族 メラネシア系(94%)、ポリネシア系、ミクロネシア系、
ヨーロッパ系、中国系
宗教 キリスト教が人口の95%以上
1人当りGNI 1,920米ドル(2015年 世界銀行)
通貨 ソロモンドル(SBD)
面積 29,785平方キロメートル(岩手県の約2倍)
首都 ホニアラ(Honiara)(人口84,522人 2017年同上)
主要言語 英語(公用語)、ピジン英語(共通語)
政体 立憲君主制
GDP 11億2,900万米ドル(2015年 世界銀行)
電話の国番号 (677)+(相手先の番号)

 ソロモン諸島は、パプアニューギニアの東側に列をなす島々でできた国である。太平洋島 しょ国では2番目に国土面積が広く、3番目に人口が多い。オーストラリアから見ると北東 約1,800kmに位置する。国は大小1,000を越える島々から成り、行政上は9つの州 (Province)に分かれている。首都はガダルカナル島北岸にあるホニアラで、約8万4千人 が居住している。  ソロモン諸島は、19世紀後半の列強による植民地分割によってイギリス領としてひとつ の行政区分としてまとめられた領域で、1978年に独立するまで単一の国家を形成したこと はない。地域的にはメラネシアに属し、国民の9割以上がメラネシア系だが、島や氏族によ り異なるアイデンティティを持っており、各地域や氏族の伝統的な慣習や権利の維持と国と しての一体感の醸成は、建国以来の大きな課題となっている。国民は計87とも言われる異 なった言語を使用しているほか、共通語として英語を土台としたピジン語を話し、また多く の国民は英語も操る。  太平洋戦争の激戦地となったことにより日本との歴史的関係は深く、1980年には太平洋 島しょ国ではパプアニューギニア、フィジーに続く3番目の日本大使館が開設されている。 戦後日本から訪れる慰霊団や遺骨収集団による地元住民との交流は深く、また経済協力活動 などを通じて日本に対して親近感を持っている住民も多い。その一方で、日本から訪れる訪 問 客 は 年 間1,000 人以下、うち観光客 は300人 以 下 で、 日本人にとっては馴 染みの薄い国のひと つである。

歴史

 

●先史時代

およそ1万年前まで、ソロモン諸島はニューギニア島と陸続き、あるいは狭い海峡を隔てた関係にあり、この時代に人類は少なくともソロモン諸島のいくつかの島々に到達していた。近年の研究によると、ブーゲンビル島、ニューアイルランド島、ニューブリテン島(いずれも現在のパプアニューギニアの一部)とソロモン諸島西部一帯では「東パプア諸語」と言われる近似性の高い言語が使用されており、ソロモン諸島にはこうした言葉を操る人々が、少なくとも3万年ほど前には到達していたと考えられている。その後、紀元前4000年頃、オーストロネシア語族(現在海洋アジア/太平洋全域からマダガスカル、台湾先住民に広がる言語系統)が西からカヌーに乗って到達、さらに紀元前1200~800年頃には、土器を持ち現在のポリネシア人の祖先とされる「ラピタ人」と呼ばれている人々が西から東に向かって移動する中でその一部がソロモン諸島にも定住した。現在のソロモン諸島に住む大半のメラネシア人は、これら民族グループが複雑に混血して形成された民族と推定されている。ラピタ人の一部はさらに東に進みサモア、タヒチに至りポリネシア人になるが、その一部は再び西に向かって航海と移住を行っており、10~13世紀頃にソロモン諸島のいくつかの島に定住した。

 

●ヨーロッパ人との接触

ソロモン諸島が西洋の歴史に登場するのは1568年2月で、スペイン人の探検家ドン・アルヴァロ・メンダナが大きな島を発見、サンタ・イザベル島と命名したことに始まる。メンダナ率いる探検隊は、この島に本拠を置いてガダルカナルなど周辺の島々を6ヶ月にわたって探索、この島々を古代ユダヤのソロモン王の名にちなんで「ソロモン諸島」と命名した。メンダナは1595年に二度目の探検を行い、ソロモン諸島の東端となるサンタ・クルーズ島(現在のテモツ州)を発見したが、マラリアで死亡した。その後200年ほどの間は、西洋人の来航は散発的だったが、18世紀後半からはイギリス、フランス、アメリカの探検家がこの地域を訪れるようになり、19世紀前半には宣教師をはじめ捕鯨船員や貿易商が徐々に進出するようになった。

 

●英国植民地時代

19世紀後半、ソロモン諸島では豪州クイーンズランドやフィジーなどの植民地向け労働者の供給地として、白人たちによる「ブラックバーディング」と呼ばれる誘拐船が横行しいていた。これを禁止することを理由としてイギリスは、1893年にソロモン諸島の南東側の島々を保護領にすることを宣言、1895年にツラギ(現在のセントラル州の州都)に植民地政庁を設置した。当時は列強による太平洋地域の植民地分割が進んでおり、これに対抗してドイツはイザベル島以西の島々の占有を宣言した。1897年にイギリスが南太平洋地域での領有権拡大を宣言したことが発端になり、支配地域についてドイツ、アメリカとの摩擦が激化、三国間の交渉の結果、1899年にイギリスがサモアについて主張していた権利を放棄する代わりにショートランド島(現在のウエスタン州の一部)とブーゲンビル島(現在のパプアニューギニアの一部)の間に境界線を引き、ドイツはソロモン諸島から撤退することで合意が成立した。これにより、現在のソロモン諸島の領域がひとつの行政単位区分として成立した。イギリス統治時代は、植民地行政府関連施設を除くと小さなヤシ農園や民間石けん工場が建てられた程度で特筆すべき開発はなされず、1939年時点でソロモン諸島に住む白人の人口は、行政官や宣教師を中心に500人程度との記録が残っている。

 

●太平洋戦争

1941年12月に太平洋戦争が始まると、1942年4月に日本軍はショートランドに侵攻、5月には植民地政庁のあったツラギを占領し、ソロモン諸島への本格進出を果たした。日本は、米豪の連携を遮断するための前線基地としてガダルカナル島に飛行場の建設を開始したが、同年8月7日に米軍は完成目前の同飛行場とツラギを急襲して攻略、以降、1943年2月7日に日本軍が最終撤退するまでの6ヶ月間にわたり、ガダルカナル島では日本軍と連合軍との間で激しい攻防戦が繰り広げられた。この戦闘はミッドウェイ海戦とともに太平洋戦争のターニングポイントとされ、日本軍は戦艦「霧島」「比叡」を始め24隻の軍艦と輸送船、800機以上の航空機と優秀なパイロットを失い、合わせて2万人の将兵が戦死した(22ページ「ガダルカナルの戦いと戦跡」を参照)。連合軍は以降、日本軍基地を次々と攻略してラバウル方面に西進していったが、1945年の終戦時には、ソロモン諸島ではチョイスル島とショートランド諸島に日本兵が残っていた。

 

●独立へ

第二時世界大戦終了後は、戦後処理のために1950年までアメリカ軍が駐留したが施政権はイギリスへと戻された。これに対して住民の一部はイギリスよりもアメリカの統治を望み、イギリスの弾圧的施政に反発してマアシナ・ルールと言われる反植民地行動を展開。これが住民たちの民族意識と自治意識の萌芽とされている。

 

その後、世界的な民族自決と脱植民地化の動きはソロモン諸島にも及んだ。イギリスは太平洋に点在していた植民地を順次独立させる政策をとっており、独立までの手順は平和裏に進んだ。ソロモン諸島は1970年代初頭に選挙による評議会を設置、1976年に自治政府を発足させ、翌1977年に独自通貨を発行、1978年7月7日に英国女王を君主とする立憲君諸国として独立が達成された。日本による国家承認は、独立と同時の1978年7月7日、ソロモン諸島の国連加盟は同年8月のことであった。

 

●エスニック・テンション(民族紛争)と国民和解

イギリス統治時代に基礎インフラの整備がほとんど行われていなかったソロモン諸島では、独立後も緩やかな経済発展が進む一方、現金仕事を求めるマライタ島民による、首都ホニアラのあるガダルカナル島への移住が急速に進行した。マライタ人移住者の増加に危機感を募らせたガダルカナル島民は、1998年からマライタ人の排斥運動を開始、これに対抗するマライタ人グループが武装反攻を行って民族対立が先鋭化する中、政府は効果的な対策をとることができなかった。2000年6月のウルファアル首相監禁事件以降は、国内治安機能も事実上失われ、国内はギャング団が横行する混乱状態に陥った。2003年7月、ソロモン諸島政府の要請を受ける形で、太平洋諸国は豪州を中心に「地域支援ミッション(RAMSI)」を結成、軍、警察、行政専門家を大規模に派遣して、治安回復と国家機能再生プログラムを開始した。武装集団はRAMSIの展開によって投降、また活動を停止し、その後の政府・RAMSI一体となった武装解除、和解プログラムも機能して、ソロモン諸島の治安と統治機能は劇的に回復、再び平穏な国柄へと戻った。こうした状況を受け2013年にRAMSI軍事部門は撤収、2017年6月末をもってRAMSIは解散した。

地理

 ソロモン諸島は、南緯5~12度、東経155~170度に連なる島々からなり、海と山と珊瑚礁が織りなす豊かな景観を持つ。パプアニューギニアのブーゲンビル島に接するショートランド島から南東約1,700kmにわたって約1,000の島々が並び、南東側国境は海を隔ててバヌアツ共和国と接している。

 総面積は約30,000k㎡で、太平洋島しょ国ではパプアニューギニアの次に大きい。6つの主要島をはじめ火山島が多く、主島ガダルカナル島にそびえる国内最高峰のマカラコンブル山(標高2,447m)やポポマナソー山(ガダルカナル島:標高2,330m)、べべ山(コロンバンガラ島:標高1,770m)など、内陸部には高い山がそびえる。豊かな熱帯雨林が広がり蛇行した川が流れる島が多く、また環太平洋火山帯上に連なっているため、観光地としては未開発だが温泉もある。 一方、隆起珊瑚礁でできた平らな島も数多くあり、海岸線は、マングローブ林、白砂と黒砂のビーチ、岩場とバラエティに富んでいる。海域も広大で排他的経済水域は南太平洋では3番目に広い約135万k㎡に及んでおり、太平洋でも有数の漁場となっている。

政治

 立憲君主国であり名目上の国家元首はイギリス女王だが、議会が選出するソロモン人の総督が実質的な国家元首の役割を担っている。一院制の議会は普通選挙によって選ばれる50名の議員(任期4年)から成り、国会が首相を選出して首相が閣僚を任命する議院内閣制を採用している。政党の力は弱く、議員間の合従連衡で政権が形成されることが多い。 地方は9つの州と首都特別区(ホニアラ市)が設置され、知事(Premier:ホニアラ市は市長(Mayer))が地方自治を行っている。
貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報