MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

Home > ソロモン諸島

ソロモン諸島

概要
正式国名 ソロモン諸島(Solomon Islands)
人口 約61万人(2017年,世界銀行)
民族 メラネシア系(94%)、ポリネシア系、ミクロネシア系、
ヨーロッパ系、中国系
宗教 キリスト教(95%以上)
1人あたりGNI 1,920米ドル(2017年,世界銀行)
通貨 ソロモンドル(SBD)
面積 29,785平方キロメートル(岩手県の約2倍)
首都 ホニアラ(Honiara)
主要言語 英語(公用語)、ピジン英語(共通語)
政体 立憲君主制
GDP 13.03億米ドル(2017年,世界銀行)
電話の国番号 (677)+(相手先の番号)
観光情報
太平洋戦争の激戦地として知られるソロモン諸島。戦後も続く交流により現地の人々は親日で、旅行先としても訪れやすい。広い海に囲まれ豊かな熱帯雨林に覆われた島には約4,500種類の植物が生い茂る。陸海空問わず多くの動物たちが暮らす楽園で、日常ではなかなか見られない自然に触れることができる。国内には80以上の言語が共存しており、多種多様な伝統文化や風習が存在する。訪れる場所によっては様々な文化や生活様式に触れることができ、それぞれ個性があって魅力的だ。

●アクセス

国際空港はホニアラ空港のみ。日本からの直行便はない。乗継便は、パプアニューギニアのポートモレスビー経由(ニューギニア航空)か、オーストラリアのブリスベン経由(カンタス航空、ソロモン航空など)が便利。また運休/再開を繰り返しながら、時折シドニー~ホニアラ便が就航している。このほかフィジー(ナンディ空港)、バヌアツ、ナウルとの間に直行便がある。

●パスポートとビザ
日本は査証免除対象国に指定されており、90日以内の観光目的であればビザを取得する必要はない。ただし、パスポートの残存有効期間が6ヶ月以上必要。経由地については、パプアニューギニアであれば事前にビザを取得しなくても空港で手続きが可能だが、オーストラリア経由の場合は万一の運休に備えて事前にETASを取得しておいた方が賢明。

●アクティビティ

・ダイビング

・マリンスポーツ

・戦跡ツアー

・離島旅行

 

 

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。
ソロモン諸島政府観光局HPはこちら

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報