MENU閉じる

COUNTRY INFORMATION [ 各国の情報 ]

Home > 各国情報 > トンガ

トンガ

概要
正式国名 トンガ王国(Kingdom of Tonga)
人口 103,197人(2018年世界銀行)
民族 ポリネシア系
宗教 キリスト教(プロテスタント、モルモン教、カトリック等)
GDP 5億1,235万米ドル(2019年世界銀行)
通貨 パ・アンガ(T$)
電話の国番号 (676)+(相手先の番号)
面積 720k㎡(2018年世界銀行)
首都 ヌクアロファ(Nuku’alofa)
主要言語 トンガ語,英語
政体 立憲君主制
一人当たりGNI 4,300米ドル(2018年世界銀行)
通貨レート 1パ・アンガ=51.30円(2022年2月16日時点)
南太平洋のポリネシアに属するトンガ王国は日付変更線のすぐ西に位置し、経済水域約362,000㎢に無人島を含め大小170余の島々が4つの諸島を構成している。周辺の島々が次々とヨーロッパの列強国の支配下に置かれてきた中で、過去に一度も植民地化されず、現在まで王制が残る唯一の国である。陸地面積の合計は747㎢で日本の奄美大島(712㎢)の大きさに近い。
4つの諸島は南からトンガタプ(Tongatapu)、ハアパイ(Ha’apai)、ババウ(Vava’u)、ニウアス(Niuas)で、政治経済の中心は首都ヌクアロファを擁するトンガタプである。陸地面積260㎢のトンガタプ島の人口は74,454人(2021 年国勢調査)で、総人口の約70%が居住している。 
トンガタプ島の北約275㎞にあるババウ島はトンガの北の玄関として栄えており、中心地であるネイアフの港は「PortofRefuge」の名で世界的に有名で、ヨットマンの憧れの地となっている。また、ババウ島の豊かなサンゴが生息する海は非常に美しく、多くのダイバーを魅了している。

●政治体制と内政
トンガは立憲君主国であり、国王の統治の下に国政が行われているが、近年民主化の動きも活発化している。2010年の選挙制度改革までは、首相及び閣僚は全て国王が指名していたが、現在、首相は議員選挙により選出され、閣僚は首相の指名制となっている。外交面ではイギリス連邦の一員である一方、南太平洋の域内協力の推進にも熱心であり、また、1998年11月には台湾との関係を終了し中国との外交関係を樹立している。
●経済
トンガの産業としては農水産業や観光業があり、政府も外国資本の誘致や民間企業の支援などを通じて経済発展を目指している。貿易ではニュージーランドを筆頭に、オーストラリア、アメリカ、日本等へ農水産品(ココナッツ、カボチャ、マグロ等)を輸出しているが、燃料や食品の輸入額が大幅に輸出額を上回っており、大幅な貿易赤字となっている。トンガ経済は国家レベルでは各国の経済援助に、家庭のレベルでは国外に居住する親族からの仕送りに大きく依存している。また、中国に対する多額の債務の返済計画も大きな課題となっている。

その他詳しい内容は当センターガイドブックでご紹介しています。
外務省のページはこちらから

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報