MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

ホーム > トンガ

トンガ

概要
正式国名 トンガ王国(Kingdom of Tonga)
人口 103,252人(2011年国勢調査)
民族 ポリネシア系
宗教 キリスト教(プロテスタント、モルモン教、カトリック等)
GDP 4億3,438万米ドル(2014年世界銀行)
通貨 パ・アンガ(Pa’anga)(トンガ・ドル=T$)
電話の国番号 (676)+(相手先の番号)
面積 747平方キロメートル(2015年国際連合)
首都 ヌクアロファ(Nuku’alofa)(人口36,045人、2011年国勢調査)
主要言語 トンガ語、英語
政体 立憲君主制
一人当たりGDP 4,114米ドル(2014年世界銀行)
通貨レート 1パ・アンガ=51.06円(2016年2月3日時点)
 南太平洋のポリネシアに属するトンガ王国は日付変更線のすぐ西に位置し、経済水域約362,000㎢に無人島を含め大小170余の島々が4つの諸島を構成している。周辺の島々が次々とヨーロッパの列強国の支配下に置かれてきた中で、過去に一度も植民地化されず、現在まで王制が残る唯一の国である。陸地面積の合計は747㎢で日本の奄美大島(712㎢)の大きさに近い。 4つの諸島は南からトンガタプ(Tongatapu)、ハアパイ(Ha’apai)、ババウ(Vava’u)、ニウアス(Niuas)で、政治経済の中心は首都ヌクアロファを擁するトンガタプである。陸地面積260㎢のトンガタプ島の人口は75,416人(2011年国勢調査)で、総人口の約70%が居住している。 トンガタプ島の北約275㎞にあるババウ島はトンガの北の玄関として栄えており、中心地であるネイアフの港は「PortofRefuge」の名で世界的に有名で、ヨットマンの憧れの地となっている。また、ババウ島の豊かなサンゴが生息する海は非常に美しく、多くのダイバーを魅了している。
観光情報
●気候

トンガは南半球に位置することから季節は日本と逆になる。赤道からの距離は北半球のハワイとほぼ同じであり、サモアなどに比べると日射しは幾分柔らかい。南北に長く諸島が点在しているため、場所により若干の気温差はあるものの、熱帯性気候で年間の平均気温は24℃と温暖。しかし、乾季となる6~10月には南のトンガタプ島で最低気温が20℃を下回り、朝晩は冷え込むので、長袖の衣服が必要。12~3月の雨季の気温は30℃近くまで上がり、雨が多く、サイクロンが到来する季節でもある。

●ビザ

31日以内の滞在であれば、観光ビザは不要(ビジネス・ビザは必要)。但し、入国には出国のための航空券を所持している必要がある。パスポートは、滞在期間にかかわらず入国時に半年以上の有効期限が必要。現地での滞在延長は手数料がかかるが、最高6ヶ月まで可能で、ヌクアロファなどの移民局(Tel.26-970)で申請する。

●時差

日本より4時間早い。日本が正午の時、トンガは午後4時。

●通貨

正式通貨の単位はパアンガだが一般にはトンガ・ドル、また補助硬貨セニティはトンガ・セントと記される。紙幣の種類は、T$2、5、10、20、50、100で、硬貨は、5c、10c、20c、50c、T$1がある。

●両替

銀行は、発着便に合せて営業する南太平洋銀行(BSP)のフアアモツ国際空港支店のほか、ヌクアロファとババウ島のネイアフには南太平洋銀行、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が営業しており、日本円の両替も可能。日本円を含む現金、および日本円以外の主要トラベラーズ・チェックの換金率はトンガタプ空港、街なか、各諸島にある換金・送金会社:ウェスタン・ユニオン(WesternUnion)(日本円は現金のみ)が一番有利である。日本円の両替は一万円単位。ほとんどの銀行は月曜日から金曜日の午前9時~午後4時、土曜日の午前9時から12時まで営業している。また、トンガタプとババウにはビザ(VISA)やマスター(MASTER)カードでキャッシングができるATMが数箇所に設置されている。日本円のレートは2016年2月3日時点でT$1が51.06円である。

●電気

240V、50Hz。オーストラリアやニュージーランドと同じ3本ピンのOタイプなので、日本製の場合はアダプターが必要となることが多い。また、変圧器も用意されていることが少ないので持参することになる。

●通信

00(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+(市外局番の最初の0を省いた番号)+(相手の電話番号)。なお、トンガへは、(国際電話会社番号)+010(国際電話認識番号)+676(トンガの国番号)+(相手の電話番号)となる。携帯電話会社はTCCとDigicelの2社がある。それぞれの会社でSIMカード(T$5+プリペイド額)を販売しており、SIMフリーの携帯電話があれば(現地でも購入可能)通話・インターネットが可能。SIM購入時にチャージした額を使い切った際には、街中の売店でプリペイド・カードを購入すれば再びチャージできる。カードはT$5、10、20の3種類。日本の携帯電話も海外対応のものはそのまま使用が可能。インターネット環境は整備されつつある。ホテルなどではフリーのWi-Fiサービスを提供しているところもある。携帯電話会社で通信用SIMカードも販売しているので、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターがあれば(現地でも購入可能)使用可能。携帯電話自体を利用してのインターネットも可能。割安なプランもあり、各携帯電話会社に問い合わせると教えてくれる。

●飲料水

離れた村や離島を除いては、水道の水は飲める。住民は通常、雨水(レイン・ウォーター)を飲んでいる。しかし、体調の変化などもあるので、旅行者はミネラル・ウォーターを買って飲むか、沸騰させた水を飲むほうが安全である。

●服装

一年を通じて日中は半袖で過ごせるが、乾季の6~10月の朝晩は冷え込むので、長袖の衣服が必要。トンガではビーチ以外の公共の場で男性が上半身裸で歩くことは法律で禁止されており、公共の場では女性のミニスカートなど肌の露出の多いものも現地の慣例上避けるべきである。教会を訪問したり、王族・貴族の前に出る時などは、女性はロングスカートに袖付きの上着又は膝

●アクティビティ

・シュノーケリング/ダイビング
・サーフィン
・フィッシング
・ホエール・スイミング/ウォッチング

●挨拶

トンガ語で挨拶をしよう!!
・こんにちは (マロエレレイ)(Malo ‘e lelei)
・ありがとうございます (マーロー アウピト)(Malo ‘aupito)
・元気ですか (フェフェハケ?)(Fefe hake?)/ 元気です (サイペー)(Sai pe)
・さようなら(アルアー(去る人に向けて)/ノフォアー(残る人に向けて)(’Alu a/ Nofo a)
・とてもおいしいです (イフォ アウピト)(’Ifo ‘aupito)
・いくらですか?(オク フィハ エニ カータキ?) ( ’Oku fiha eni kataki?)

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報