MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

Home > トンガ

トンガ

概要
正式国名 トンガ王国(Kingdom of Tonga)
人口 103,197人(2018年世界銀行)
民族 ポリネシア系
宗教 キリスト教(プロテスタント、モルモン教、カトリック等)
GDP 5億1,235万米ドル(2019年世界銀行)
通貨 パ・アンガ(T$)
電話の国番号 (676)+(相手先の番号)
面積 720㎢(2018年世界銀行)
首都 ヌクアロファ(Nuku’alofa)
主要言語 トンガ語,英語
政体 立憲君主制
一人当たりGNI 4,300米ドル(2018年世界銀行)
通貨レート 1パ・アンガ=51.30円(2022年2月16日時点)
トンガの主な島ではそれぞれに特徴のある海中散策が楽しめる。特にサンゴの群生が美しく、その中を泳ぎまわるカラフルな熱帯魚の群れは見るものを飽きさせない。
トンガタプ周辺のダイビング・スポットでは、珍しい黒サンゴが楽しめ、イルカやウミガメには1年中出会える。海底まで切れ込んでいるような渓谷や大洞窟、トンネルやサンゴで飾られた海中庭園、そして海底火山から難破船の探検まで魅力は尽きない。
観光情報
●アクティビティ

・ホエールウォッチング
トンガはザトウ鯨が出産のために訪れることで知られている。トンガタプでは7月中旬~10月上旬、ババウでは7月~9月がシーズンとなっている。トンガは世界でも稀なホエール・スイミングができる国で、ライセンスを所持したツアーオペレーターの案内で、海中に潜って鯨のなき声を聞いたり、至近距離で見ることが可能である。

その他、トンガで楽しめるアクティビティ
・カヤック、カイト・サーフィン、ダイビング
・ゴルフ
・ラグビー観戦
・ハイキング
・バードウォッチング
・乗馬       など

●利用可能な航空路

日本から直行便はなく、ニュージーランドのオークランド(Air New Zealand)、フィジーのナンディ(Fiji Airways)とトンガタプ間をそれぞれで運行を行っている。トンガ国内は、国内線運航会社Lulutai Airlineが利用可能。トンガタプ島のファアモツ国際空港は、国際線ターミナルと国内線ターミナルの距離が500メートルほどある。乗り継ぐ場合、徒歩は難しく、タクシーかシャトルバスを利用する。なお、空港は離発着時にのみオープンするため、乗り継ぎ便を待って夜明かしすることはできない。

●ビザ

31日以内の滞在であれば、日本人は入国ビザ不要、最長6ヶ月まで現地での滞在延長可能(更新料を払う)。但し、入国時に出国用の航空券又は船舶チケットを提示する必要がある。パスポートは滞在日数とは関係なく入国時に半年以上の有効期限が必要。ビジネス・就労目的、更新は、ヌクアロファかババウの移民局に問い合せる事。
(Tel.26970、Email: tongapermit@gmail.com)

その他、観光情報詳細は当センターガイドブックで紹介しています。
Tonga Tourism Authorityホームページ(英語)はこちら

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報