MENU閉じる

COUNTRY INFORMATION [ 各国の情報 ]

ホーム > 各国情報 > パプアニューギニア

パプアニューギニア

概要
正式国名 パプアニューギニア独立国(Independent States of Papua New Guinea)
面積 46.2万平方キロメートル(日本の約1.25倍)
人口 約861万人(2018年 世界銀行)
首都 ポートモレスビー
民族 メラネシア系
主要言語 英語(公用語)、ピジン語、モツ語等
宗教 キリスト教、その他、祖先崇拝などの伝統信仰も強く残っている。
政体 立憲君主制
1人当りGNI 2,530米ドル(2018年 世界銀行)
通貨 キナおよびトヤ
電話の国番号 (675)+(相手先の番号)

赤道の直ぐ南、オーストラリアの北には巨大なニューギニア島とその周辺に約1000を超える島々がある。ニューギニア島の東半分が最後の秘境といわれるパプアニューギニアであり、西半分はインドネシアに属するイリアンジャヤ。大小600もの島からなるパプアニューギニアは、総面積約46万㎢で日本の約1.25倍、人口は約860万人でパプア人やニューギニア人、高地族を中心に多くの部族で構成されている。言語の数も多く、実に800にも及ぶ異なった言語が話されているという。国名のパプアニューギニアは、1526年に上陸したポルトガル人が「パプア」と名付け、その後に上陸したスペイン人が「ニュー・ギニア」と名付けたことに始まる。パプアはマレー語の「縮れ毛」を意味し、ニュー・ギニアはアフリカの「ギニア」に似ているからと伝えられている。首都はポートモレスビーでニューギニア島の東に突き出た半島の南にあり、人口約30万人の近代的な都市である。また、日本人によく知られているラバウルは、ニューギニア島の東に位置するニューブリテン島の最北端にある。

歴史

●先史時代 

ニューギニア島に人々が移動してきたのは5万年前の氷河期時代に遡る。スマトラからインドネシアの島伝いに、あるいはカリマンタン島を経由して移住してきた人々が、ニューギニア全土に定住するようになったのは紀元前8000年ごろからと云われている。当時はオーストラリアと陸で繋がっており、さらに南下して行った人々がアボリジニと呼ばれるようになった。紀元前9000年頃、ニューギニア島の高地に住む人々は既にサゴヤシの実、パンの木、バナナ、ヤムイモ、サトウキビなどを植えていたらしい。

ヨーロッパとの接触 

記録では、最初にニューギニア島に上陸したヨーロッパ人はポルトガル人のメネセスで、1526年となっている。上陸したのはニューギニア島の北西部の龍の頭の形をした半島である。ヨーロッパからの本格的な進出は大航海時代を迎える16世紀からで、1545年にスペイン政府が統治宣言を行った。しかし、この宣言は形式的なもので実際には統合されず、1660年にはオランダ東インド会社が島の一部を占有した。

 

●植民地の時代 

19世紀に入るとヨーロッパによる植民地化競争が激しくなり、1824年には英国とオランダが西側の覇権を巡って衝突、1828年に英国の撤退で一時的な解決を見た。1882年、ドイツが積極的な植民地政策を進めたことに英国が反発し、オランダを含めた3国間での調整が図られた。その結果、1884年9月、ニューギニア島の3分割が決定した。西地区はオランダ、南東部は英国、そして北東部は最初に領有を主張したドイツの権利が認められた。東西の分割は、この時点でヨーロッパ人が進出していない山間部で線引きがなされた。北東部の占有を主張したドイツは、その後15年間この地で植民地経営を行ったが、経営は失敗に終わり、1899年にニューギニア島の東に浮かぶビスマルク諸島へと拠点を移した。一方、英国は、1888年総督となったマグレガー卿が警察組織を創設するなど安定した植民地経営を行った。1906年、英国の植民地はオーストラリア政府に引き継がれ、オーストラリア領パプアとなった。

 

●第1次世界大戦 

1914年、第1次世界大戦の勃発により、英国はオーストラリアに対しニューギニアのドイツ領への占領を要請し、同年9月、オーストラリア軍はニューブリテン島のドイツ軍司令部を占拠したが、ドイツ領を完全に掌握するまでにはなお、6ヶ月を要した。1920年、国際連盟はドイツ領ニューギニアの統治をオーストラリアに委任した。これによりニューギニア島の東半分は正式にオーストラリア領パプアニューギニアとなり、積極的な開拓が行われることになった。1927年から30年に掛けて、オランダ領との境を源流としてニューギニア島の北へ流れるセピック川と南のパプア湾に下るフライ川を結ぶ全流域の調査や、過去の入植者が手を付けなかったハイランド地方への探検隊の派遣などが行われた。金鉱脈の発見もこの年代だった。しかし一方では、新しい入植者とニューギニア人との間で労働条件を巡る緊張が高まり、1929年には大規模なストライキが発生している。

 

●第2次世界大戦

1941年12月、日本軍が真珠湾を攻撃した時点では、オーストラリアは英国と共に北アフリカやヨーロッパで2年にわたってドイツ軍と戦っていた。日本軍はその虚を突いてニューギニアからソロモン諸島へと戦線を拡大し、1942年1月23日にはラバウルを占領、ここを拠点にニューギニア島のレイ(ラエ)、サラモアに上陸した。日本軍は、ココダトレイルの難所を突破してポートモレスビーの僅か50㎞まで侵攻したが、オーストラリアとアメリカの連合軍の激しい反撃を受け撃退され、この敗戦を機に苦難の撤退が始まった。1943年9月、連合軍は激戦の末にラエを奪回、日本軍はウェワクまで追い詰められた。ニューギニア島での戦闘は1945年までにほとんど終結していたが、ニューブリテン島やニューアイルランド島での戦闘は無条件降伏による武装解除まで日本軍の散発的な抵抗が続いた。パプアニューギニアの7月23日の戦没者追悼記念日は、1942年の日本軍の侵略に立ち向かったパプアニューギニアの歩兵大隊の戦闘を記念したものである。

 

●終戦から独立まで 

この大戦を契機に、ニューギニアの人々はオーストラリアの植民地政策に疑問を持つようになり、不満は次第に大きくなっていった。また、世界的にも植民地支配への反発が強まったことから、1962年に国際連合はオーストラリアとオランダに対してニューギニアの独立を支援するよう要請した。そのポイントは、国語力の強化を中心とした国民全体のレベルアップと徹底的なエリート教育を同時に行うことによって自治政府の発足を早めることだった。結果として、1963年にはオランダ領の西半分がインドネシア領イリアンジャヤとして独立、1964年には東半分のオーストラリア領では64人の議員による初の議会が開かれた。1973年に自治政府が発足、1975年3月には外交と国防をオーストラリアから譲り受け、同年9月16日にパプアニューギニアとして完全な独立を達成した。

 

地理

オーストラリアの北160㎞、赤道の直ぐ南に位置し、ニューギニア島の東半分とニューブリテン島、ニューアイルランド島、ブーゲンビル島など大小600を超える島々からなる。ニューギニア島の西にはインドネシア群島、東にはメラネシアの島々があり、地理的にも文化的にも両方の影響を強く受けている。ニューギニア島の高地は谷が深く険しい。イリアンジャヤとの国境近くの鉱山から東に蛇行して流れる全長1126㎞のセピック川は、中流域では広大な湿地帯となる。雨量が多いと氾濫し、河川流域は常に水害の危険にさらされている。本島の中央部を北西からマン島にかけて山脈が続き、最高峰はウィルヘルム山の4509m、ポートモレスビーの北には4038mのビクトリア山がある。火山の活動も活発であり、1994年9月19日にニューブリテン島のラバウルにあるタヴルヴル山とヴァルカン山、21日にラバラナカイア山が噴火し、ラバウル旧市街は火山灰に埋まり壊滅状態になった。現在、ラバウル旧市街に代わる新しい市街がココポに作られ、空港もココポ郊外のトクアに移っている。

政治

パプアニューギニアでは1975年に独立して以来ソマレ政権が5年ほど続いた後、小党が乱立して連立政権が続いている。ブーゲンビル島では、1988年にブーゲンビル銅山に関する地主の土地賠償要求に端を発した紛争が、その後ブーゲンビルの分離独立運動にまで発展し、89年には非常事態宣言が出された。紛争は長期化したが、1999年7月に人民民主運動党のサー・メケレ・モラウタ党首を首相とする政権交代があり、最大の懸案であるブーゲンビル問題についてニュージーランドの仲介で和平協議が開始された。
2001年8月に中央政府と分離独立派との間で、(a)ブーゲンビル自治政府の創設、(b)ブーゲンビルの将来の政治的立場についての国民投票権の創設、(c)武器撤収計画の3つを柱とする「ブーゲンビル和平合意」が署名された。パプアニューギニア政府は、南太平洋諸国との協力関係の重視と、オーストラリアとの関係重視、インドネシアとの善隣関係重視、さらには、ASEANとの関係強化及び日・米等との貿易・投資関係を重視している。

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報