MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

Home > パプアニューギニア

パプアニューギニア

概要
正式国名 パプアニューギニア独立国(Independent States of Papua New Guinea)
人口 約861万人(2018年 世界銀行)
民族 メラネシア系
宗教 キリスト教、その他、祖先崇拝などの伝統信仰も強く残っている。
1人当りGNI 2,530米ドル(2018年 世界銀行)
電話の国番号 (675)+(相手先の番号)
面積 46.2万平方キロメートル(日本の約1.25倍)
首都 ポートモレスビー(Port Moresby)
主要言語 英語(公用語)、ピジン語、モツ語等
政体 立憲君主制
通貨 キナおよびトヤ

赤道の直ぐ南、オーストラリアの北には巨大なニューギニア島とその周辺に約1000を超える島々がある。ニューギニア島の東半分が最後の秘境といわれるパプアニューギニアであり、西半分はインドネシアに属するイリアンジャヤ。大小600もの島からなるパプアニューギニアは、総面積約46万㎢で日本の約1.25倍、人口は約860万人でパプア人やニューギニア人、高地族を中心に多くの部族で構成されている。言語の数も多く、実に800にも及ぶ異なった言語が話されているという。国名のパプアニューギニアは、1526年に上陸したポルトガル人が「パプア」と名付け、その後に上陸したスペイン人が「ニュー・ギニア」と名付けたことに始まる。パプアはマレー語の「縮れ毛」を意味し、ニュー・ギニアはアフリカの「ギニア」に似ているからと伝えられている。首都はポートモレスビーでニューギニア島の東に突き出た半島の南にあり、人口約30万人の近代的な都市である。また、日本人によく知られているラバウルは、ニューギニア島の東に位置するニューブリテン島の最北端にある。

観光情報
●地理

 

オーストラリアの北160㎞、赤道の直ぐ南に位置し、ニューギニア島の東半分とニューブリテン島、ニューアイルランド島、ブーゲンビル島など大小600を超える島々からなる。ニューギニア島の西にはインドネシア群島、東にはメラネシアの島々があり、地理的にも文化的にも両方の影響を強く受けている。ニューギニア島の高地は谷が深く険しい。イリアンジャヤとの国境近くの鉱山から東に蛇行して流れる全長1126㎞のセピック川は、中流域では広大な湿地帯となる。雨量が多いと氾濫し、河川流域は常に水害の危険にさらされている。本島の中央部を北西からマン島にかけて山脈が続き、最高峰はウィルヘルム山の4509m、ポートモレスビーの北には4038mのビクトリア山がある。火山の活動も活発であり、1994年9月19日にニューブリテン島のラバウルにあるタヴルヴル山とヴァルカン山、21日にラバラナカイア山が噴火し、ラバウル旧市街は火山灰に埋まり壊滅状態になった。現在、ラバウル旧市街に代わる新しい市街がココポに作られ、空港もココポ郊外のトクアに移っている。

 

●気候

 

一部の山岳地帯を除き、国土のほとんどが熱帯気候でモンスーンの影響下にあり、年中高温で多雨となっている。ほとんどの場所で5月から10月が乾季で、11月から4月が雨季となる。ただ、パプア湾に面したガルフ州は世界的にも知られる多雨地域で、年間の降雨量は8000㎜にも達し、特に雨の多いのは5月から10月。また、ソロモン海に面したレイからアロタウにかけては4月から9月が雨季となる。首都のポートモレスビーは、年間降雨量が1000㎜ほどと少なく、4月から11月は乾燥して埃っぽい毎日が続く。一方、レイは4500㎜を超え、ウェスト・ニュー・ブリテン州では6000㎜を超えるところもある。気温は年間を通して大きな変化は少なく、平均気温はポートモレスビーやレイで27℃、中央高地(ハイランド地方)では18℃、夜は10℃くらいまで下がることもある。

 

●アクセス

 

2002年より運航していたニューギニア航空の成田⇔ポートモレスビー定期便は現在、運休中(2020年6月現在)で、経由便ではフィリピン航空がマニラ⇔ポートモレスビー間を週4便運航しており、東京や大阪などからのマニラ便と接続している。その他オーストラリアのケアンズやブリスベン、シンガポール、香港を経由するルートがある。

 

●ビザ

 

パプアニューギニアの入国に当っては、ビザの取得が必要である。60日以内の観光目的であれば、ポートモレスビーのジャクソン国際空港でも簡単に入手できる(2020年6月現在、無料)が、入国審査における待ち時間が長いことがしばしばあるため、乗継ぎ便がある時には十分な時間的余裕が必要とされる場合もあり、スムーズな入国、また団体の場合には事前にビザ取得したほうが良い。なお業務渡航は必ず事前にビザ取得が必要。ビザは在日本パプアニューギニア大使館で取得できる。必要な書類など詳しくは大使館ホームページ http://png.or.jp/ を参照。
※在日本パプアニューギニア大使館:
 東京都目黒区下目黒5-32-20
 電話03(3710)7001
 Email: png.tokyo@png.or.jp

 

●時差

 

パプアニューギニア標準時間は日本より標準時間は日本より1時間進んでおり、日本が正午の時、現地は午後1時となる。但しブーゲンビル自治州ではブーゲンビル標準時間が採用されており、パプアニューギニア標準時より1時間早く、2時間早くなっている。

 

●通貨と両替

 

パプアニューギニアの通貨はキナ( Kina:真珠貝を意味する)とトヤ(Toea: 小さな貝を意味する)があり、1キナ= 100トヤ。紙幣は100、50、20、10、5、2キナがあり、硬貨は1キナ、50、20、10、5トヤがある。各紙幣には伝統的社会における財産・通貨である石斧、シェルマネー、豚などがデザインされている。日本円は空港や市中の銀行、両替所、 ホテルで両替できるが、ホテルはレートが悪い上、治安上の懸念から大量の現金を保有していない為、到着時にジャクソン空港内の両替所で必要額を両替し、ホテルなどの支払いはクレジットカードで行い、さらに換金が必要な場合は、米ドルまたは豪ドルの現金を用意しておくと良い。また空港やホテルに設置されたATMを利用してクレジットカードからキナのキャッシングを行うことも出来る。なお帰国時に使い残したキナを、ジャクソン空港の銀行両替窓口で外貨に両替するのを忘れずに。ただし円貨は十分な額が無い場合があるが米ドルは1ドル単位から再両替が可能。
現地で日本円の現金からキナへの為替レートは1キナ= 約38円(2020年5月26日現在)。

 

●電圧と電源

 

240ボルト、50ヘルツで、プラグは一般に「Oタイプ」と呼ばれる「ハの字」二股形、3つ穴式でオーストラリアやニュージーランドと同じ。主要都市を除いて電気の普及が遅れており、朝夕の数時間だけ送電される地方都市もまだ多い。日本の電化製品を使用する場合、現在では自動電圧切替式(110V ~ 240V対応)の製品も多いので、日本出発前に確認し、必要に応じて変圧器を用意すること。

 

●郵便と電話

 

郵便のシステムは日本と異なり配達の制度が無いため、現地に届いた郵便物は全て郵便局にある私書箱(P.O.Box)に投函される。旅行者は滞在しているホテルか最寄りの郵便局気付で手紙を受け取れる。また日本までの航空郵便は通常郵便(葉書サイズ)で、50gまでが6.9キナで、ポートモレスビーから約2週間かかる。携帯電話ネットワークはデジセル、Bモバイル、テリコムの3社で、都市部では全てのネットワークが通話可能だが、地方では電波のカバー地域に会社による差があり、全国に携帯電話基地局が多いデジセル社のネットワークが圧倒的に広い電波カバー範囲を有する。なお現在では日本の大手携帯電話会社は何れかの会社とローミングサービス契約を交わしており、そのまま通話できることが多い。パプアニューギニアの電話から日本へのかけ方は00-81(日本の国番号)-3(市外局番から0をとった番号:3は東京)-○○○○-○○○○、料金は携帯電話で1分1.75キナ、固定電話で1分2キナ。なお日本からパプアニューギニアへ電話する場合の国番号は675。

 

●服装・装備

 

一般的に低地、海岸部では一年中夏服でもよい。一方ハイランド地方へ旅行する場合はかなりの気温差があるので注意したい。昼間は気温が高く日差しが強いため、熱射病予防のため帽子、サングラス、日焼け止めクリーム、ミネラルウォーターが必要な一方、夜は気温が下がるので軽い防寒服を用意するとよい。またセピック川流域やブッシュ(草むら)では、マラリア予防のため長袖、長ズボンが必要だ。雨季(多くの地域では11 ~ 4月)には激しいスコールがあり、薄いレインコートや折畳傘も便利。その他ティッシュ、ウェットティッシュがあると便利。常備薬は忘れずに。現地調達は困難だ。

 

●アクティビティ

 

・ダイビング
・サーフィン
・フィッシング
・トレッキングと登山
・自然観察ツアー
・シンシン・ショー
・セピック川流域クルーズ
・日本軍の慰霊巡拝ツアー

 

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。
貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報