MENU閉じる

COUNTRY INFORMATION [ 各国の情報 ]

ホーム > 各国情報 > バヌアツ

バヌアツ

概要
正式国名 バヌアツ共和国(Republic of Vanuatu)
人口 243,304 人(2009年国勢調査)
民族 メラネシア系94%、英仏系(4%)、中国系、ベトナム系など
宗教 人口の約98%がキリスト教
1人当りGNI 2,870米ドル(2011年、世界銀行)
電話の国番号 (678)+(相手先の番号)
面積 12,190平方キロメートル(新潟県とほぼ同じ大きさ)
首都 ポートビラ(Port Villa)
主要言語 ビスラマ語(ピジン英語)、英語、仏語
政体 共和制
通貨 バツ(Vatu=VT)

 バヌアツ共和国はオーストラリアのケアンズの東約1,800kmに位置し、80あまりの島々が南北約1,200kmにわたって広がる群島国。1980年7月、74年間の英国とフランスの共同統治から脱し独立した。国名のバヌアツは「我々の土地」を意味するが、それまではニューヘブリデス諸島として知られていた。この島々の雰囲気がスコットランドのヘブリデス(Hebrides)と似ていることから、1774年にキャプテン・クックによって命名されたと言う。 バヌアツ共和国の土地面積は12,189平方kmで新潟県とほぼ同じである。総人口は約25万人(2012年)。中心となるニューヘブリデス諸島のほかにバンクス諸島とトレス諸島があるが、80余の島々の大半はニューヘブリデス諸島に属している。トレス諸島の直ぐ北にはソロモン諸島がある。 首都ポートビラがあるエファテ島の面積は佐渡よりやや大きい900k㎡。ポートビラはバヌアツの空の玄関口で、人々は親しみを込めて短く「ビラ」と呼び、また、バヌアツ最大の島エスピリットサント島(以下サント島と表記)は「サント」と呼ばれている。

歴史

 4万年ほど前、西太平洋の人々の祖先であるオーストラロイドが東南アジアからインドネシアやニューギニア島を経由してオーストラリアやソロモン諸島に移動してきた。その後東南アジアからの新しい移動の波がソロモン諸島を越えてバヌアツに辿り着いたのは紀元前3000年頃で、さらにニューカレドニアやフィジーに向かって進んでいった。現在のところバヌアツで発見された最古の定住跡は紀元前1400年頃のもので、人々はポリネシア人の祖先と見られ、ラピタ文化に属し、パプアニューギニアからサモアまでの広い範囲で特有の陶器類が発掘されている。 11世紀から15世紀にかけて今度は逆に東からポリネシア人の大移動があり、異なった生活習慣や技術がもたらされた。従来から居住していた人々は森の中に集落を作り、新しく移住してきた人々は浜辺近くに集落を作った。部族間の土地や農作物に関して争いが頻繁に起こり、首狩りの習慣も20世紀まで残っていたと言う。

●ヨーロッパとの接触 

1606年5月、ポルトガル人航海家ペドロ・フェルディナンド・キロスが率いる一隊がスペインの命を受けサント島に上陸して領有を宣言したが、乗組員の反乱もあり、約50日後にこの地を去った。その162年後の1768年、フランスの貴族ルイス・ブーゲンビルがマエオ島とペンテコスト島を発見している。次いで1774年7月には当時はまだ中佐であったキャプテン・クックが、タンナ島をはじめ全ての大きな島々を発見している。1789年にはバウンティ号の反乱で知られるキャプテン・ブライがバンクス諸島を発見したことが記録されている。

●貿易商と宣教師 

1825年にアイルランドの探検家ピーター・ディロンがエロマンゴ島で多量の白檀の木を発見したことがきっかけとなって、ヨーロッパ人貿易商の入植者が中国への輸出を狙って増加、並行してキリスト教の布教活動が活発化した。白檀の中国への輸出は1860年代後半まで続いた。

●疫病と二国統治の時代 

1800年代に入ってからヨーロッパ人との接触によって、この島々の人々をハシカやインフルエンザ、肺炎、猩しょう紅こう熱ねつ、おたふくかぜ、水疱瘡、百日咳、赤痢などが襲い、人口が急激に減少、20世紀始めまでには10万人までになったと伝えられている。 また、1870年代になるとフランスの進出が目立つようになり、農園経営に関して英国との関係が緊張、1886年にはフランス軍がエファテ島の北西ハバンナ港に上陸した。英仏の利権争いはますます激しさを増し、1906年の最終協議によって英仏二国によるニューヘブリデス諸島の共同統治が開始された。法律の異なる二国統治は当然のように混乱を招いた。二つの法律と二つの警察、二つの刑務所、二つの通貨、二つの教育システム、二つの医療システムを持つ奇妙な社会は1980年の独立まで続いた。

●太平洋戦争から独立へ 

旧日本軍が隣国のガタルカナル島まで南下したことから、アメリカ軍はエファテ島とサント島に前線基地を置いた。主力基地となった人口1万人ほどのサント島には10万人の兵員が送り込まれたという。 1945年の終戦によってアメリカ軍は引き上げたが、1942年5月にアメリカ軍が基地を置いてから約3年間、現地の人々は米軍の白人も黒人も差別無く兵役に就いていたのを見てきた。これは英国とフランスの支配に慣れていた人々に独立への希望を植え付けることにもなったが、二国による支配は住民間に複雑な感情を植え付けていた。イギリスが独立を支援する動きを見せると、フランスが性急な動きを牽制、一部の住民はバヌアツ人よりフランス人でいることを欲した。第二次大戦の終結後に多くの国が早い時期に独立を達成する中で、バヌアツがこの二国による特殊な支配から独立できたのは1980年になってからであった。

地理

 バヌアツは、南北約1,200kmにわたって比較的大きな13の島と70あまりの小さな島がY字の形に連なっている。北端のトレス諸島からソロモン諸島までは約170km、南端のアナトム島とニューカレドニアは約200km、東にはポートビラから約800km離れてフィジーのビチレブ島があり、西には1,800kmほど離れてオーストラリアのケアンズがある。 80余りの島々のうち人が生活しているのは12島で、最大の島は4,010k㎡のサント島、次いで2,069k㎡のマレクラ島、3番目が980k㎡のエファテ島、4番目が900k㎡のエロマンゴ島と続く。

 バヌアツは日本と同じく環太平洋火山帯に属し、現在も9つの火山が活動中で、そのうちの2つは海底火山である。バヌアツの最高峰タブエマサナ(1878m)はサント島にある。ほとんどの島が起伏の激しい山並みを持ち、豊かな森林で覆われている。

政治

 バヌアツは大統領を元首とする共和制で、行政の実権は首相にある。議会は1院制で議席数は52、任期4年。内閣は議員の中から首相の指名によって選ばれる。このほかに部族の長で構成される評議会があり、伝統的な習慣と憲法上の問題について議会にアドバイスする。 外交的には、パプアニューギニアやソロモン諸島等のメラネシア諸国との連携強化、非同盟主義、反核運動の推進を掲げている。 内政面では、過去、英国とフランスによる共同統治が行われてきたが、1980年に独立し、初代首相には独立運動のリーダーであったウォルター・リニが就任した。その後、英語系の国民連合党(NUP)と仏語系の穏健政党連合(UMP)が政権を争い、さらには小党が乱立するようになり、政権基盤は安定せず、頻繁に政権交代が起きている。しかしながらそれによって国内が「荒れる」ことは滅多にない。
貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報