MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > パラオの脱退で太平洋諸島フォーラムの将来が不透明に

パラオの脱退で太平洋諸島フォーラムの将来が不透明に

クック諸島の元首相であるヘンリー・プナ氏が、太平洋諸島フォーラム事務総長に選出された。
少なくとも 1 つのミクロネシア地域の属する国が太平洋諸島フォーラムを脱退し、他の国も後に続く可能性がある。新しい事務局長の選出を巡り北太平洋諸国はその他の国々から隅に追いやられたと主張している。太平洋諸島フォーラム( PIF )は、太平洋地域で最も重要な政治的組織であり、国際場裡における太平洋の強力な声を発する役割を果たしているが、クック諸島の元首相ヘンリー・プナ氏を事務局長として選出したことが、北太平洋諸国と南太平洋諸国の間に深い亀裂を生じさせてしまった。ミクロネシアの国々の脱退はフォーラムの国際的な信頼に重大な打撃となると見られる。事務局長の任命に関するプロセスは統一、地域主義(regionalism)、「パシフィック・ウェイ(太平洋のやり方)」がもはや機能しないことをパラオ共和国に明確に示した。さらに、ミクロネシア連邦とナウル共和国は、メンバーとして残るべきか、公然と疑問を呈している。ミクロネシアの指導者全員が来週の月曜日に会合を開き、フォーラム脱退について話し合う予定だ。「ミクロネシアが [ フォーラム ] に参加する必要はない。なぜならフォーラムは、私たちが一員であるとは考えていないからだ」と、パラオのスランゲル・ホイップス・ジュニア大統領はガーディアン紙に語った。
「パシフィック・ウェイ(太平洋のやり方)」は、コンセンサスと対話、理解、相互主義を前提としている。
直接の対面機会がCovid-19により 阻害され、通常の平和的な太平洋諸島フォーラムの新事務局長選出のプロセスは、とげとげしいものとなってしまった。
クック諸島の首相を 10 年間務めた後、 PIF の事務総長に立候補した 71 歳のプナ氏は、太平洋地域で広く知られ、尊敬されている。しかし、9 票対 8 票の接戦は、北太平洋と南太平洋の間に分裂を生み、当人にとって最も切迫した難業の 1 つとなることが予想される。

太平洋諸島フォーラムの会議ががオンラインで開催され、リーダーたちが直接会うことができなかったのは初めてだった。長年の伝統で、フォーラムのリーダーシップは、地域の 3 つの主要な地域をポリネシア、メラネシア、ミクロネシアの順に回すこととなっていた。今年はミクロネシアの番という事で、米マーシャル諸島大使のジェラルド・ザッキオス氏が正式な候補となった。しかし、他の太平洋諸国は別の候補者を支持し、 水曜日のフォーラムは深夜に及び最終的に 9 票対 8 票で、ザッキオス氏 よりもポリネシア人候補のプナ氏が支持される結果となった。公式に、フォーラムは、プナ氏を任命するという決定が最終的に全会一致で支持されたと述べた。同フォーラムの議長ナターノ氏は、「すべての指導者からの新事務局長に対する支持は、非常に強いものだった」と述べた。しかし、太平洋の北と南の国に分かれ喧々諤々の話し合いがあったとの報告があった。人口と経済規模が小さいミクロネシア諸国は、比較的大規模なメラネシアやポリネシアの国々から常に見くびられてきたと感じている。「 ( フォーラムに ) ミクロネシア人が参加する必要はないことは明らかだ。彼らは私たちを一部として考慮していない」と、パラオのスランゲル・ホイップス・ジュニア大統領はガーディアン紙に次のように語った。「南太平洋の友人たちは、紳士協定を尊重したくありませんでした。実際、彼らは紳士協定について何も知らないと述べています。」ミクロネシア連邦のデビッド・パヌエロ大統領は、 ABC ラジオに次のように語った。「信頼がなく、サブリージョン間でのローテーションが認識されていない場合、太平洋諸島フォーラムに残る理由はありません。」

ナウル大統領のライオネル・アイギメア氏は、ミクロネシア諸国は「全面的な無視で扱われた。」と述べた。ナウル政府の声明によると、「大統領の立場は、ミクロネシアがこのように扱われれれば、フォーラムから脱退したほうが良いと考える。」しかし、アイギメア大統領は、太平洋諸国は世界的な問題に対しては「共に立つ」だろうと強調した。ホイップス大統領によると、ミクロネシア諸国は以前から、「紳士協定」が認められなかった場合、フォーラムを去るということをを明らかにしていたという。「 FSM 大統領と話し合ったことは、私たちが言ったことに基づいて行動する必要があるということです。そうしないと、彼らは私たちが冗談を言っているように思うだろう」ホイップス大統領は、このフォーラムの最大の 2 つの国であるオーストラリアとニュージーランドに働きかけ、北太平洋地域を取り残して、南太平洋地域に有利な規模の影響力を行使した。
「彼らは投票をプッシュしそして今回の分裂となった。オーストラリアとニュージーランドの2大選手が参加している。もしこの2人が投票しなかったら、ミクロネシアが勝っただろう」と語った。(The Guardian/ FEB05 ,2021 )
https://www.theguardian.com/world/2021/feb/05/future-of-pacific-islands-forum-in-doubt-as-north-south-rift-emerges