MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 首相が年末には「先進国」となると述べる(バヌアツ)

首相が年末には「先進国」となると述べる(バヌアツ)

7月30日の独立記念のスピーチでラフマン首相は、Covid-19やサイクロンハロルドにより経済的な影響を受けながらも、この国は「先進国」として格付けされるだろうと述べた。首相によれば、国連による手続きは3度遅れたが、バヌアツ政府は今年の年末までにはバヌアツを先進国のリストに入るように目標設定したという。経済的な課題はあるものの、バヌアツは12月4日に格付けされた後発開発途上国からは抜け出すとしている。また、首相は独立40周年の式典に集まった数千人の人々に対して、植民地であった70年間よりも、独立してからのほうがさらに発展を遂げたことを主張した。首相は、Malekula、Tanna島などの舗装道路や、離島における電力供給、国内のバイリンガル教育の学校、新たな保健施設、専門性の高い職員などの例を挙げて発展を強調した。(Radio New Zealand/JUL31, 2020)
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/422477/vanuatu-pm-says-country-will-be-classed-as-developed-by-year-end