MENU閉じる

PIC NEWS [ PICニュース ]

ホーム > PICニュース > キリバス共和国の「若者失業対策委員会」の議員が来日し、PICにて意見交換を行いました。

キリバス共和国の「若者失業対策委員会」の議員が来日し、PICにて意見交換を行いました。

9月19日(木)、キリバス共和国の「若者失業対策委員会」の議員4名と議会職員1名(アヴェリカ議員(同委員長)、ライアー議員(元漁業大臣)、ベニアト議員、イオアネ議員、マッケンジー議会職員)がPICを訪問し、キリバスと日本の今後の交流について意見交換を行いました。

今回の彼らの訪日の目的は、漁業訓練校を卒業した若者の就職先として、日本での就業機会があるのかどうかを調査することであり、各方面での意見交換を積極的に行っていきたいとの意向を述べておりました。これまで、キリバス人の日本での就業は主にカツオ漁船に乗船する漁師が多く、今後もこの機会をさらに拡大していくための問題点等を精査してきたいとのことです。