MENU閉じる

PIC NEWS [ PICニュース ]

ホーム > PICニュース > キリバス共和国から、ネターラ商工・共同組合大臣が来日され、PICにて意見交換を行いました。

キリバス共和国から、ネターラ商工・共同組合大臣が来日され、PICにて意見交換を行いました。

6月10日(月)、キリバス共和国のネターラ商工・共同組合大臣及びランボルネ大使(駐台湾)がPICを訪問し、キリバスと日本の今後の交流や貿易拡大に向けた意見交換を行いました。

キリバスといえば、日本では「クリスマス島の塩」が有名ですが、塩以外の産品としてココナッツオイルやココナッツシロップが健康にもよくぜひ日本の人達にも味わってほしいと熱心に語っており、PICからも、島嶼国の産品を日本に紹介する機会として展示会などへの参加を提案しました。その他、PICより、貿易・投資・観光の切り口でキリバスの情報を発信することは今後のビジネスの展開を想定する上で重要であることを伝え、今後はより連携を強化し、同国の情報発信についてPICもできるだけ協力をしていく旨応えました。