MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > アメリカとのトラベルバブルを5月に再開(仏領ポリネシア)

アメリカとのトラベルバブルを5月に再開(仏領ポリネシア)

仏領ポリネシアは、来週末より米国からの旅行客を検疫なしでの受け入れを再開する。
フランスでCovid-19の感染拡大がひどくなりEU以外の国からの旅行客入国を停止したことから、仏領ポリネシアも仏政府からの命令を受け2月から国境を閉鎖していた。仏政府ポリネシア在高等弁務官のSorain氏は、5月1日からアメリカ合衆国に1か月以上滞在歴があり、ワクチン接種を完了した旅行客を検疫なしで受け入れるとした。旅行者は出発3日前の検査で陰性でなければならず、また、到着後4日後に再度検査を受ける必要がある。また、ワクチン接種を完了していない旅行客は到着後10日間の検疫期間が必要だという。一方ヨーロッパの感染状況は未だ収束を見ないので、フランスからの旅行客の受け入れはしないという。昨年の6月に旅行客を受け入れた際には18,000名が感染し、死者が141名に上った。仏領ポリネシアの感染のピーク時は昨年に終わったとみられ、現在は日々1桁の感染者数だという。(Radio Newzeaalnd/ APR19, 2020)
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/440798/tahiti-us-travel-bubble-to-reopen-in-may