MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 太平洋地域の食品安全を強化する新しい植物衛生研究所設立(太平洋諸島)

太平洋地域の食品安全を強化する新しい植物衛生研究所設立(太平洋諸島)

パシフィック・コミュニティー(SPC)は、フィジーで初めて植物衛生研究所を立ち上げた。この研究所は、太平洋諸国が害虫や病気などの新たなバイオセキュリティ脅威に対する制御を向上させるために設立される。SPC 副局長Aumua氏によると、侵入種の管理には毎年数十億ドルの費用がかかるという。この新しい研究所は、太平洋地域の農家を支援し、より安全な食品生産を実現するための生物学的ソリューションを提供し、科学者がペットや、高レベルのバイオセキュリティ封じ込めを必要とする昆虫、菌類、ウイルス、細菌などを研究する事が可能となる。立ち上げは、貧困と飢餓の削減、環境の保護、経済発展の促進を目的として、2020年に宣言された国連「国際植物防疫年」の趣旨に一致している。
(Radio New Zealand/NOV02,2020)
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/429681/new-plant-health-laboratory-to-boost-pacific-food-security