MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > Covid19は伝統的な食生活に戻る機会と科学者(太平洋諸島)

Covid19は伝統的な食生活に戻る機会と科学者(太平洋諸島)

遺伝科学者であり熱帯の根菜・塊茎作物の専門家は、コロナウィルス感染拡大は、太平洋諸島の国々が伝統的な食物に戻る機会であると述べた。Vincent Lebot博士は、キャッサバ、甘藷、ヤムやアロイド(里芋の一種)の生産科学や園芸学について書いた彼の2冊目の著書を出版した。Lebot博士によれば、感染拡大は国際貿易やグローバライゼーションの限界を示したとし、太平洋諸島の国々は回復力と自給自足力の早急な構築を必要としているとした。「これらの作物は古代の作物であるが、将来的な可能性を秘めている。これらはこの地で生産することができ、しかも二酸化炭素排出量が低く、気候への適応力もあり食料安全保障の観点からも優れている。」と述べた。また、伝統的な太平洋地域の食生活に戻るという事は、特に、太平洋地域での主要死亡原因となっている地域の非感染症疾患への対処に役立つとしている。博士は「今回のコロナによる危機が熱帯性の根菜の栽培を促進してくれれば、それは好ましい事だ。なぜならば、食生活のバランスを取ることとなり、かつ、食料安全保障にも助けとなってくれるからだ。」と述べた。
 (Radio New Zealand/AUG 22, 2020)
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/424168/covid-19-is-an-opportunity-for-pacific-to-return-to-traditional-foods-scientist