MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 対象となるバヌアツへの旅行者にフィジー・オーストラリアへ本国帰還フライト

対象となるバヌアツへの旅行者にフィジー・オーストラリアへ本国帰還フライト

ソロモンエアライン(以下、IE)は各国のCOVID-19に関する規制と要求に従うとしている。ソロモン諸島の承認を得てバヌアツとフィジー政府、IEは7月1日にソロモン諸島とバヌアツ、フィジー、オーストラリア間の帰還フライトを飛ばすこととしている。このフライトは以下の対象者が利用できる。
・ 海外居住のソロモン諸島国民で、ソロモン諸島に戻りたいという意思がある者
・ソロモン諸島居住の外国人で、帰国を望む者
・ 海外のパスポート保持者で、オーストラリアへの経由地としてソロモン諸島入国を許可された者
・ソロモン諸島国民は各国の要求を満たしているとして搭乗可能
・ ソロモン諸島国民でない者はソロモン諸島首相事務所から正式な許可書を得ているもののみ搭乗可能
6月30日、IE676便はブリスベンを午後1時30分に出発し、ホニアラに5時45分に到着予定。7月1日水曜日は、IE677便がホニアラを午前9時に出発しポートヴィラに11時に到着予定。その後、ポートヴィラを11時45分に離陸してナンディには2時15分に到着予定。IE678便はナンディ3時15分に出発してホニアラに5時15分に到着予定。IE679便はホニアラを午後6時15分に出発してブリスベンに午後7時30分に到着予定とそれぞれなっている。7月1日のフライトはwww.flysolomons.com  または、ソロモンエアライン予約課177(ホニアラ), 1300 894311 (オーストラリア) 、またはソロモンエアライン販売事務所に電話かメールをすることで予約可能だ。パスポートチェックや、必要な書類等の確認の時間を要するので予定をしている乗客はなるべく早めに予約してほしいとしている。すでに、6月30日のブリスベン ホニアラのフライトは満席だ。今後新たにこの区間のフライトを政府の承認を得て、増便することも検討しており、すべてのフライトはCOVID-19の各国の規定や要請に従っているという。乗務員はマスクと手袋をサービスの間中着用し、乗客と教務員の接触を極力減らすためにサービス提供を最小限にとどめているという。 (Solomon Times/JUN25, 2020) https://www.solomontimes.com/news/repatriation-flights-for-eligible-travellers-in-vanuatu-fiji-and-australia/9947