MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > ホテルのフラッシュセール(※)に人だかり(仏領ポリネシア)   

ホテルのフラッシュセール(※)に人だかり(仏領ポリネシア)   

(※)短期間に限定して、特別価格で商品を売り出し、消費者の購買意欲を刺激するマーケティング手法
5月に閉業し、190名のスタッフを解雇した仏領ポリネシアのホテルが、家具を売りに出したところ、人々が押し寄せた。ホテルが5日間連続でフラッシュセールを実施することを宣伝したため、大勢の人がインターコンチネンタルヌーメアの外に並んだ。人々を整理するために警察まで出動し、1時間のうちにすべてが売り切れとなった。ホテルはバンガローのインテリアを1セット当たり1200ドルで売り出した。インターコンチネンタルは今年の稼働率は低くまた昨年はストライキが長引いた。4名の従業員の解雇に反対しての45日間に及んだストライキでは、ホテル側は200万ドルの損失を計上した。ヨーロッパやアメリカからの旅行者が、検疫を受けることなしに仏領ポリネシアへの入国を許可されるまでにまだ1か月は要するとの見込みだ。(Radio New Zealand/JUN18m 2020)
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/419273/french-polynesia-hotel-s-flash-sale-draws-a-crowd