MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 問題をはらむ3つの法案に抗議活動(サモア)

問題をはらむ3つの法案に抗議活動(サモア)

サモアの野党Samoa First PartyのリーダーであるUnasa Iuni Sapolu氏は、問題となっている3つの法案に講義する人々が議会の前に驚くほど集まったと述べた。この3つの法案とは、憲法改正法案2020、土地と標記法案2020、そして裁判制度法案2020のことで、新たな土地と標記に関する控訴裁判所の設置を意図しており、これにより最高裁判所の判決責任を退けるものと見られており、サモアの法曹界からは200ページにも及ぶ反論書が提出されている。今回の抗議デモは、Faleolo空港から議会まで30キロにも及ぶものとなった。「法改正案は違憲であり、いわれのないものだという事への人々の関心の表れだ」とUnasa氏は訴える。Covid-19の影響で社会的距離を保つために、抗議をする人々は車やトラックでの参加となったが、今回の抗議活動については特に周知もされていなかったのに、50台以上の車と100名以上の人々が集まった。Usana氏は、「Apiaに到着すると、警官がすべての車を止めて、抗議の車列を通してくれた。全く反対の対応を想像していたが、おそらく抗議に参加する車や人の数に圧倒されたのだと思う。特別委員会のメンバーも抗議者と面談してくれたことに驚いた。」
と述べた。 (Radio New Zealand/MAY8, 2020)
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/416179/protesters-make-presence-felt-over-controversial-bills-in-samoa
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/416165/samoa-s-controversial-bills-to-be-taken-to-villages