MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > コロナウィルス対策でクルーズ船4隻の入港拒否(トンガ)

コロナウィルス対策でクルーズ船4隻の入港拒否(トンガ)

世界的なコロナウィルスの感染を受けて、クルーズ船4隻がトンガへの入港を拒否された。
この入港拒否命令は保健省のOfanoa氏から発令された。the Astor, Columbus, and Crystal Serenity.の3隻は12日にNuku’alofaに入港予定であった。4隻目のWindstiridはラトロンガを出航後Vavauに入港予定であった。
The Astorはドイツ船籍で、600名の乗客を、Columbusは1,500名の乗客を乗せロンドンから、Crystal Serenityには1,000名の乗客が乗船している。 トンガはコロナウィルスの予防措置を厳格化しており、かつ、日本で検疫を受けているダイアモンドプリンセス号から135名のコロナウィルス罹患者が発生したことから、船舶に対する検疫もさらに強化している。(Radio New Zealand/FEB12, 2020)