MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > サイクロン ギータの17ヶ月後 未だにテントの学校(トンガ)

サイクロン ギータの17ヶ月後 未だにテントの学校(トンガ)

トンガの本島ではサイクロン・ギータ後17ヶ月たった今でも臨時設備を使用し続けている。ギータは、産業、学校や家屋などTongatapuに広範囲に被害を及ぼした。RNZのトンガ特派員によれば、多くの学校はまだテントでの授業を続けているという。教師たちは、一体いつまできちんとした建物の学校になるまで待たなくてはならないのかと業を煮やしているという。
"我々は取り組んでいる。という言葉を聞くが、資金の不足というよりも、コーディネーションの悪さが原因なのではないかと思う。“と特派員は述べる。Nuku’alofaの学校では、被災したほとんどの家屋が未だ修理されていない状況だ。政府は少額を各家庭に修理のために給付したが、この給付金は公共料金支払いなどに使用されてしまっているという。(Radio New Zealand/27AUG, 2019)