MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > グレースロードの活動はしばらく続く見込みと専門家(フィジー)

グレースロードの活動はしばらく続く見込みと専門家(フィジー)

何百人もの信者をフィジーに拘束したとして大韓民国のカルト集団の教祖が拘置されたが、信者の苦しみはまだ終わりを告げそうにない。グレースロード教会の教祖であるShin Ok-juは6年の実刑判決を受け先週拘置された。教義によれば、フィジーは約束の地とされており、そのため何百人もの信者がフィジーに移り住み暴力的な儀式や強制労働に耐えてきた。韓国カルト教団に関する専門家であるプサン大学のJi-il Tark氏は、グレースロードが経営しているビジネスはフィジー政府と強力なかかわりがあり、かつ、信者は、韓国では村八分同様の扱いを受けているので、多くの信者がフィジーにとどまることを選択するだろうと述べている。(Radio New Zealand/AUG6,2019)