MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 国民皆医療保険制度へ向けて尽力(ソロモン諸島)

国民皆医療保険制度へ向けて尽力(ソロモン諸島)

ソロモン諸島の保健省は国民皆医療保険制度の実現に向けて尽力しているという。
国中の医師や関係者が首都ホニアラに集結してこの国の保険制度面での大きな課題に関して解決策を見出そうとしている。世界保健機構(WHO)はソロモン諸島をこの地域で最も低い保険加入率の国として位置づけている。保健省の職員であるIvanGhemu氏は国中に保険をいきわたらせるのは現状では困難だと言う。「多くのプログラム、担当課、地域はそれぞれサイロのようで、分断されていて横断的な話し合いができない」とも指摘し、「こうしたことを解消しようと過去2年余り取り組んできた。総体的なアプローチで取り組むべきことだからだ。」と付け加えた。(Radio New Zealand/MAY9, 2019)