MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 無所属議員と前議員が議会の大半を占める(ソロモン諸島)

無所属議員と前議員が議会の大半を占める(ソロモン諸島)

先週の選挙の結果、無所属議員と、前議員が新たなソロモン諸島議会の大半を占める結果となった。前首相のリック・ホウエニプウエラ氏を含む議員の4分の3が再選されたということになる。50議席のうち13名が新しい議員と2人が女性議員となった。
無所属立候補者のうち当選したのは21名で、議会の半数近くを占め、8政党のうちの2大政党はそれぞれ8議席を確保したにとどまった。ほとんどの選挙区でこれまでにない80パーセント以上の投票率だった。選挙管理委員会と国際監視グループは、投票者が自分の名前を選挙人名簿から見つけ出すのに戸惑ったという不備も散見したが、概して平和的な選挙だったと称賛した。(Radio New Zealand/APR09, 2019)