MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

ホーム > クック諸島

クック諸島

概要
地域名 クック諸島(Cook Islands)
人口 約20,000人(2017年,アジア開発銀行)
民族 ポリネシア系(クック諸島マオリ族)81%,混血ポリネシア系15.4%
宗教 キリスト教97.8%(クック諸島教会派69%,ローマ・カトリック15%等)
GDP 約414百万NZドル(2016年,アジア開発銀行)
通貨 ニュージーランド・ドル(硬貨については独自のものを有する)
面積 約237平方キロメートル(鹿児島県徳之島とほぼ同じ)
首都 アバルア(ラロトンガ島)
主要言語 クック諸島マオリ語,英語(共に公用語)
政体 立憲君主制
経済成長率 3.5%(2017年,アジア開発銀行)
電話の国番号 (682)+(相手先の番号)
クック諸島はニュージーランドとの自由連合。赤道の南、日付変更線の東に位置し、米領サモアとタヒチのあるフランス領ポリネシアの間にある15の島々からなっている。約200万㎢の領海に点在する島々の総面積は237㎢、日本の徳之島とほぼ同じ広さである。さらに15の島々は約1,000㎞の海を隔てて北クック諸島と南クック諸島に分かれており、その間に島影は見当たらない。南クック諸島が火山の隆起によって出来た島が中心であるのに対し、北の島々は全て低いサンゴ島であり、土地面積は南クック諸島の10分の1である。クック諸島の首都アヴァルアのあるラロトンガ島は南クック諸島の中心であり、サンゴ礁に囲まれた美しい緑の火山島である。タヒチとニュージーランドのオークランドを結ぶ線上のすぐ北にあり、タヒチからの距離は1,260㎞、オークランドからは3,450㎞である。赤道を越えて北上するとハワイがあり、赤道からの距離はほぼ同じである。クック諸島の総人口は19,342人(2006年太平洋共同体事務局)であり、南クック諸島に全人口の9割近くが居住している。また、海外に移住している人も多く、ニュージーランドに50,000人以上、オーストラリアに15,000以上が居住していると言われている。

 

クック諸島の名称はキャプテン・クックにちなんで名付けられたものだが、それはロシアの海軍大将が作成した地図で初めて使用されたもので、クック訪問から半世紀が過ぎていた。この地域がヨーロッパ人によって最初に確認されたのは、キャプテン・クックの来航より200年ほども以前のことであり、クック諸島と命名されるまではそれぞれ別の名前で呼ばれていた。1901年にニュージーランドが統治するようになって、南の島々と北の島々を統合し、クック諸島を正式名称とした。
観光情報
●気候
南半球にあることからハワイとは季節が逆になるが、気候は類似している。ラロトンガ島は11~3月が雨期となり、それ以外の月は乾燥し、晴れている。2~3月が夏の盛りで平均気温は26~30℃、冬は7~10月で気温は最高25度℃、最低18度℃で雨が少ない。8月の夜は肌寒さを感じるほどである。

 

●アクセス
クック諸島へ旅行する場合、日本からの直行便は無い。ニュージーランドのオークランドまでニュージーランド(NZ)航空またはJALで、あるいはタヒチのパペエテまでエアタヒチヌイ航空で行き、そこからラロトンガへ乗り継ぐ。オークランド―ラロトンガ間(NZ航空もしくはパシフィック・ブルー航空)にはほぼ毎日、また、ロサンゼルスーラロトンガ間はそれぞれ週1便就航している。なお、現地到着後は、ラロトンガ島から他島へ空路での移動も可能である(エア・ラロトンガ)。なお、ラロトンガからはNZ航空が周辺国の主要都市を結んでおり、また、パシフィック・ブルーは、ラロトンガ―オークランド間に週2便(火曜日と土曜日)を就航させている。
NZ航空 TEL0120-300-747 http://www.airnz.co.jp/
JAL TEL0120-25-5931 http://www.jal.co.jp/
エアタヒチヌイ航空 TEL03-6267-1177 http://www.airtahitinui.co.jp/
パシフィック・ブルー航空 http://www.virginblue.com.au/
エア・ラロトンガ http://www.airraro.com/

 

●ビザ
観光目的であれば31日までの滞在にはビザは要らない。但し、パスポートの有効期限は、入国日から滞在日数プラス3ヶ月以上必要であり、また、出国用の航空券を所持していなければならない。滞在日数は1ヶ月単位で6ヶ月まで延長可能であり、3ヶ月の場合、70NZドル、6ヶ月の場合は、120NZドルの手数料がかかる。

 

●時差
日付変更線の東にあり、日本より19時間遅い。日本が正午の時、クック諸島は前日の午後5時。

 

●通貨と両替
通貨はニュージーランド・ドル(NZ$)を使用し、硬貨は独自のものを有する。 日本円からニュージーランド・ドルへの両替はウエストパック(Westpac)銀行とANZ銀行の他、レートは不利になるが主要なホテルでも可能である。(日本円からニュージーランド・ドルへの両替は可能だが、ニュージーランド・ドルから日本円の両替は不可。)また、ANZ銀行、ウエストパック銀行のATMもあり、主要な銀行カード、クレジットカードが使用できる。銀行の営業時間は、月曜から金曜日の9:00~15:00で、土曜日はウエストパック銀行だけが11:00まで開いている。なお、空港のウエストパック銀行は国際線のフライトが到着するたびに、店を開いている。

 

●電気
豪州、ニュージーランドと同じく、230V、50HzのAC。コンセントは3本平ピンタイプ。たまに2本平ピン用のアダプターが必要な場合がある。

 

●通信
テレコム・クックアイランド社により、国際電話、ファクシミリ、E-Mail、インターネット・サービスが7:00~23:00まで利用できる。主要な町には、サイバーカフェもある。外部から持ち込んだ携帯電話は使用できない。SIMカードを購入すれば、海外ローカル・ネットワーク双方に接続できる。郵便、電報は、月曜から金曜の8:00~16:00まで郵便局で利用できる。

 

●飲料水
ラロトンガでの水道水は飲料水としては飲まないほうがよい。現地の保健所でもミネラルウォーターの利用を勧めている。ミネラルウォーターは売店やレストランなどで販売されている。島にはフィルターに通した水道水の出る給水所がいくつかあり、その水はそのまま飲むことができる。

 

●服装
服装はインフォーマルで良いが、村や町を訪れる時は、水着や肌を露出するような軽装を避ける。裸やトップレスは深刻な問題を引き起こしかねない。なお、7月、8月は夜間冷え込むことがあるので、薄手のセーターやカーディガンを用意すると良い。

 

●アクティビティ
・ダイビング
・シュノーケリング
・リーフ・サブで海中散歩
・ラグーン・クルーズ
・ゲーム・フィッシング
・クジラウォッチング
・島縦断トレッキング

 

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。
クック諸島政府観光局HPはこちら
貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報