MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

ホーム > サモア

サモア

概要
正式国名 サモア独立国
人口 190,400人(2013年、世銀)
民族 サモア人(ポリネシア系)
宗教 キリスト教(100%)(組合教会派34.8%、カトリック19.6%、メソディスト15%)
1人当りGNI 3,970米ドル(2013年、世銀)
電話の国番号 685+(相手先番号)(市外局番はない)
面積 2,935平方キロメートル(東京都の役1.3倍)
首都 アピア(Apia)
主要言語 サモア語、英語(共に公用語)
政体 立憲君主制
通貨 サモアン・タラ(Samoan Tala)(サモア・ドルとも言う)
赤道の南1,200km、南太平洋の中心に位置するサモア諸島は、日付変更線のすぐ近く西経171度線の両側にあり、その西側のサモア独立国(以下サモア)と東側のアメリカ合衆国領サモア(以下=米領サモア)に分かれている。サモアは1962年の独立時には西サモア独立国と呼ばれていたが、1997年に現在の国名に変更された。サモアは、首都アピア(Apia)のあるウポル島(Upolu)と、その東海上15kmにあるサバイイ島(Savaii)の2つの大きな火山島で構成されている。その100km東にはツツイラ島を主島とする米領サモアがある。両サモアは、その言語、伝統・習慣は同じであるが、人々の生活態度から受ける印象には大きな違いが感じられる。米領サモアは、公的部門へのドル投入、アメリカ資本による漁業開発の結果、完全に貨幣経済社会へ移行した。また、労働人口の3分の1は米国政府の関連施設で働いている。食生活も輸入された缶詰や冷凍食品が徐々に伝統的な食事のスタイルを変化させてきている。一方、サモアは、素朴で伝統的なポリネシアの慣習を守って生活している代表的な国である。多くの南太平洋の国が外国からの影響を受けることで独自の伝統を維持することが困難になっているが、サモアは、自給自足経済への依存度が高く、本来の伝統を最も色濃く残している国とされている。
観光情報
●気候

1日の気温の変化は21℃〜30℃で5月から10月までが乾季、11月から4月が雨季になる。最も雨が多いのは12月から2月である。1月の雨量は平均で500mm弱にもなり、そのほとんどは夜に降る。1年を通して湿度が高いが、4月から10月は南東の貿易風によってかなり和らげられる。

●アクセス

日本からサモアに旅行する場合、一般的なルートとして、ニュージーランド航空を使ってニュージーランドのオークランド経由アピアに入るルートである。他にもフィジーのナンディから入るルートもある。なお、詳しくは、航空会社、旅行代理店に問い合わせられたい。

●ビザ

60日以内の滞在なら、商用、観光を問わずビザは不要。ただし、帰りの航空券を所持していない場合は入国できない。滞在が許可される期間は、到着時に提出する入国カードの記載した日数になるので注意が必要。また、入国カードには滞在先を明記する必要があるので、ホテル名など正確に記載できるようにしておくこと。パスポートは滞在日数+6ヶ月以上の残存期間が必要。

●時差

日本より4時間早い。日本が正午のとき、サモアは午後4時。サマータイム(9月末~4月初め)まであり、サマータイム中は5時間早い。

●通貨と両替

サモアの通貨はタラ(Samoan Tala)で、サモア・ドルともいう。紙幣は、2、5、10、20、50、100タラの6種類、硬貨は1、2、5、10、20、50セネ(sene)と1タラがある。1タラは100セネ。ホテルの支払いは米ドルなどで可能だが、一般的にはタラで支払う。市内にある豪州系のANZ銀行(オーストラリア・ニュージーランド銀行)、ウェストパック銀行およびサモア中央銀行の本支店で両替ができる。また、アピア市内にはサモア・ファイナンス(Samoa Finance Co.Ltd.)およびウエスタン・ユニオン(Western Union Agency)の2つの両替所がある。空港でも両替が可能だが、到着が早朝や夜間の場合は営業していないので、到着時間を確認しておきたい。ANZ銀行とウェストパック銀行(アピア中心街に2箇所)のATMでは現金両替にクレジットカードが使える。現在為替レートは、1タラ=40.34円(2016年6月現在)となっている。

●電気

240V、50Hz。プラグの型はO型でオーストラリアやニュージーランドと同じ「ハ」の字型の2ピンまたは3ピンプラグ。日本製品を使用する場合、変換用のアダプターが必要。

●通信

国内電話・国際電話・携帯電話ともに、民間企業であるBlueSkySamoaおよびDigicelSamoaがサービスを提供している。公衆電話は存在しない。直通ダイヤル方式。回線状態はあまり良くなく、日本へは夜間の方が状態は良い。

●飲料水

首都アピアでは原則として水道水は飲めるが、旅行者には念のため市販のミネラル・ウォーターを飲むことをお勧めする。また、レストラン、ナイトクラブ、バーなどで使われる氷は、浄化した水を使っており一応安全と思われるが、心配なら事前にウェーターに聞くこと。

●服装

1年を通じて薄手の夏服で過ごす。但し、夜間、寒くなるので薄手の上着を用意すると良い。ホテルやレストランではカジュアルなイブニング・ウェアーが適当である。

●アクティビティ

・シュノーケリング

・ダイビング

・ゴルフ

・テニス

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報