MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

ホーム > フィジー

フィジー

概要
正式国名 フィジー諸島共和国(Republic of the Fiji Islands)
人口 827,900人(2007年フィジー統計局(暫定値))
民族 フィジー系(54.3%)、インド系(38.16%)、その他(7.5%)(2004年調査)
宗教 キリスト教(52.9%)、ヒンズー教(38.2%)、イスラム教(7.8%)
1人当りGDP 3,630米ドル(世銀2006年暫定)
電話の国番号 (679)+(相手先の番号)
面積 18,270km2(四国とほぼ同じ大きさ)
首都 スバ(Suva)
主要言語 英語(公用語)、フィジー語、ヒンディー語
政体 共和制
通貨 フィジー・ドル

フィジー諸島共和国の主島ヴィチ・レヴ島は、オーストラリアのブリスベンの東北約 3,100km、ニュージーランドの北2,100kmほどの位置にある。330余りの島々から成り、 土地の総面積は四国とほぼ同じである。最も近い太平洋島嶼国のトンガは770km離れた東 に、西のバヌアツは1,100km離れている。 太平洋で最も人気の高い観光地の一つであるフィジーは、質の高い旅行を求めるリゾート 派から行動派のバックパッカーまで、すべての旅行者の要望に応えられるものを備えている。 また、太平洋の国々と地域で構成される地域協力のための国際機関、太平洋諸島フォーラム (Pacifi c Islands Forum, PIF)事務局や南太平洋大学(USP)がフィジーに設置されて いるなど、南太平洋の中央に位置するフィジーは広い陸地とその豊かな資源によって周囲の 国々に大きな影響力を持っている。 どこまでも続く白砂のビーチ、青く透き通るサンゴの海、山には競うように咲き乱れる 花々、旅人を温かく迎えてくれる素朴な人々、素晴らしい食物、メラネシアとポリネシアの 文化、さらにインド文化が混じりあって独自の文化をつくりだしている。 フィジーを訪れる人々は、透明度の高い海や洗練されたリゾート・ライフを満喫するだけ でなく、南太平洋の国々に残る独自の伝統文化に出会えることを、その魅力のひとつにあげる。 主島のヴィチ・レヴ島は東西146km、南北106kmで、その南東部に首都スヴァがあり、 西部には観光の中心地ナンディとフィジー第1の空港ナンディ国際空港がある。スヴァとナ ンディはヴィチ・レヴ島の南部を走る全長211kmの舗装道路クイーンズ・ロードと東側を 走る全長265kmの一部未舗装のキングス・ロードで結ばれている。

観光情報
●気候

フィジーの年間平均気温は25℃と穏やかであるが、スヴァに比べてナンディはやや高めとなっている。南半球が冬となる7月、8月はナンディでは20℃を下回り18℃まで下がることが珍しくない。しかし最も暑い夏でも31℃を超えることは比較的少ない。11月から4月が雨季で5月から10月が乾季となるが、年間を通してスヴァはナンディより雨の日が多い。したがってナンディよりも湿度が高く、スヴァは湿度60%から80%の日が続く。ヴィチ・レヴ島やヴァヌア・レヴ島などでは、島の中央に高い山があることから貿易風の影響で島の西側が東側に比べて雨が少なく、リゾート地が西側に多い理由にもなっている。11月から4月はサイクロンのシーズンになるが、必ずしも毎年来襲するわけではない。

●時差

日本より3時間早い。日本が正午の時、フィジーは午後3時。

●通貨

通貨単位はフィジー・ドル(F$)、F$1は100フィジー・セント(F¢)。紙幣の種類:F$100、50、20、10、5、2硬貨の種類:F$1、¢50、20、10、5、1

●両替

2008年7月15日現在、両替レートは1F$が71.13円となっている。両替は銀行の他、主要なホテルでも可能であるが、レートは銀行が有利。また、日本円より米ドルや豪ドル、ニュージランド・ドルからの両替が有利であるが、日本円から豪ドル、豪ドルからフィジー・ドルへの2度の両替を要する場合にはどちらが得か注意を要する。銀行の営業時間は、月~木曜日が9:00~15:00、金曜日が9:00~16:00だが、小さな町にある支店は営業日が不規則なことが多いので注意が必要。ナンディ国際空港のANZ銀行は通常24時間営業している。また、主要都市に設置されているATMは24時間利用でき、シティバンクなど主要な銀行口座から引出しができる。しかし、人通りの少ない場所、または夜間の利用はできるだけ控えたい。

●電気

240V、50Hzで、プラグはオーストラリアと同タイプ。ホテルによってはシェーバーやドライヤーのために110Vのコンセントを用意している。まれに停電があるので、念のため小さめの懐中電灯を持っていると便利である。

●通信

日本への国際電話は、IDDと明記された公衆電話(カード式)または電話局で利用できる。ホテルでは部屋から直接か、あるいはフロントを通して電話する。日本へのダイレクトコールの場合は、3分間でF$2.88であるが、オペレーターを通すとF$2ほどの手数料が追加となる。また、いずれの場合もホテルによってはそれぞれ料金を別に設定しているので確認が必要。日本へのダイレクトコール(例えば東京03-1234-5678にかける)の場合は、00+81(日本の国番号)+3(市外局番から0を除いた番号)+1234+5678とダイヤルする。

●飲料水

通常スヴァやナンディなど主要な町の水道水は飲料として問題はない。しかし、天候不順の影響もあり、ヴィチ・レヴ島中心部の高地にある水源地帯モナサヴ・ダム貯水池では最近慢性的に水量が不足気味となっており、都市部への給水に不安が残る。スヴァの上水道システムは、全般的に老朽化しつつあり、特に水道タンクやポンプの老朽化により時々断水し、また、濁っていることもあるので煮沸水またはミネラル・ウォーターを飲料水として使用するのが望ましい。離島においては、雨量の関係や上水道が整備されていないために、通常あまり水道水の出がよくない。節水に心がけ、ミネラル・ウォーターを常備する必要がある。

●服装

フィジーの首都スヴァで見かける人々は、ビジネスマンはネクタイ姿が多く、若者はTシャツにジーンズが増えている。フィジー人男性の伝統的正装は、スルと呼ばれる巻きスカートにネクタイ姿である。女性の正装はロングワンピースの下にスルイラというワンピースより長いスカートを着用する。普通は膝下まであるカラフルなワンピースやスカートとブラウスが多い。女性観光客が村を訪問する時は、肩を露出した服装やショートパンツ姿は好まれないので注意したい。

●アクティビティ

・サーフィン

・ダイビング

・フィッシング

・リゾート・クルーズ

・ゴルフ

 

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報