MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

ホーム > ツバル

ツバル

概要
正式国名 ツバル(Tuvalu)
人口 9,652人(2006、太平洋共同体事務局)
民族 ポリネシア系(96%)、その他若干のミクロネシア系
宗教 キリスト教(プロテスタント)
1人当りGDP 2,478豪ドル(2002年、アジア開発銀行)
電話の国番号 (688)+(相手先の番号)
面積 25.9平方キロメートル(新島とほぼ同じ)
首都 フナフティ(4.3千人)
主要言語 ツバル語、英語
政体 立憲君主制
通貨 オーストラリア・ドル(A$)

ツバルは、9つの環礁島からなるポリネシア最西端の国で、首都のあるフナフティ環礁島は、赤道の南1,000km、フィジーの北1,100kmに位置している。北西から南東に焼く700kmにわたり飛び石のように斜めに連なっている環礁島はすべて低い島であり、ツバルの人々は地球温暖化の影響を深刻な問題として捉えている。ツバルという国名を知る日本人は少ないが、日本では古くはエリス諸島の名で知られていた。最近ではツバル諸島とも呼ばれている。土地面積26平方キロメートル、人口は10,880人。人口密度は、1平方キロメートルで約400人と、日本の340人を大きく上回る。ポリネシアで最も小さい国であり、そして最も人口密度の高い国である。

ツバルとは8つの集団という意味であり、昔からの居住者がいなかった最南端のニウラキタ島を除いて国名が決められた。9つの集団の場合は「ツイバ(Tuiva)」となっていたかも知れない。8つの環礁島は、北からナヌメア、ナヌマンガ、ニウタオ、ヌイ、バイツプ、ヌクフェタウ、フナフティ、ヌクラエラエであり、9つ目の島ニウラキタに人が住み始めたのが1949年からであった。

観光情報

●パスポートとビザ

1ヶ月以内の観光滞在はビザ不要だが出国用航空券が必要。パスポートは、入国時から6ヶ月以上が必要。

●時差

ツバルの日本との時差はプラス3時間となる。日本が正午の時、ツバル同日午後3時。

●通貨と両替

通貨はコインを除いてオーストラリア・ドルが公式通貨。クレジットカードは一切使用できないので、現金かトラベラーズチェックを持参する必要がある。国立ツバル銀行で両替可能。銀行の営業時間は月~木曜日が午前10時~午後2時まで。金曜日は午前9時~正午まで。クレジットカードからの現金化はできないので要注意。

●電気

電気は240ボルト、50ヘルツで、差込プラグはオーストラリアと同じ形態。

●国際電話

ツバルの国番号は688。

●飲料水

旅行者は馴れないこともあり、また、疲れもあったりするので、生水は絶対に避けること。ミネラルウォーター等を飲むか、水を沸騰させて飲料水にする際は、沸騰してからなお5分程度沸かし続けるようにする。

脱水症状を避けるために、飲料水は努めて摂取するようにし、外出する時には必ず水を持参すること。

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報