MENU閉じる

TOURISM [ 観光情報 ]

Home > マーシャル諸島

マーシャル諸島

概要
正式国名 マーシャル諸島共和国(Republic of the Marshall Islands)
人口 58,413人(2018年、世界銀行)
民族 ミクロネシア系
宗教 キリスト教(主にプロテスタント)
1人当りGNI 4,860米ドル(2018年、世銀)
電話の国番号 (692)+(相手先の番号)
面積 180k㎡(霞ケ浦とほぼ同じ大きさ)
首都 マジュロ(Majuro)
主要言語 マーシャル語、英語
政体 大統領制
通貨 米ドル(US$)

美しい島のビーチでリラックスしているだけでも時間を忘れてしまうが、マジュロにはさまざまなツアーを用意しているオペレーターがあり、滞在をさらに楽しむことができる。その他の環礁も、都会の喧騒を離れ、自然のままの海が残る離島への旅もマーシャル諸島ならではの素晴らしい体験になるであろう。マジュロの観光シーズンは、ほぼ通年。6月~10月上旬は風も弱く、海も凪ぐ。1月~5月は北東からの貿易風が吹くが、晴れの日が多い。ただし、11月~12月上旬は雨が多く、海が荒れる日もある。

観光情報
観光情報
●アクティビティ
・ダイビング
マジュロでのダイビングは、日本人ダイバーの間で人気が急上昇している注目のスポットだ。海中は、世界でも類を見ない素晴らしい珊瑚礁が広がり、ミクロネシア・ブルーと呼ぶにふさわしいバツグンの透明度を誇っている。
その他、マーシャル諸島で楽しめるアクティビティ
・シュノーケリング
・フィッシング
・カヌーツアー
・島内観光 など
●アクセス

マーシャル諸島への旅行者は、そのほとんどが首都マジュロに滞在する。日本からマジュロへ行くには、グアムでユナイテッド航空のアイランド・ホッピング便 (アイランドホッパー)を利用する。このアイランド・ホッピング便はグアム・ハワイからマジュロへ各週2便運航。空港~主要ホテル間は、ホテルの無料シャトルバスを利用できる。タクシーの場合はマジュロの中心街まで30分で$3〜5となる。マジュロ空港から出国する際、12歳以上の旅行者は空港利用税が1人$20必要となる。

●パスポートとビザ
日本国籍を有する場合、有効期限内のパスポート(有効期限6ヶ月以上)と復路の航空券を所持していれば、空港到着時に無料で30日有効の観光ビザが発給される。現地の移民局に申請すれば、観光目的で最大90日まで滞在が可能となる。

その他詳しい内容は当センターガイドブックで紹介しています。
マーシャル諸島政府観光局ホームページはこちら

貿易情報
貿易情報
投資情報
投資情報
観光情報
観光情報