MENU閉じる

PIC NEWS [ PICニュース ]

ホーム > PICニュース > PIC所長が東海大学第50回海外研修航海結団式に参加

PIC所長が東海大学第50回海外研修航海結団式に参加

2月9日に東京・霞が関の東海大学校友会館にて、東海大学第50回海外研修航海の結団式が開催され、PIC斎藤所長が参加しました。
この研修航海は、同大学の海洋調査船「望星丸」で諸外国を巡り、異文化理解・環境保護・協調性の大切さ等を実践的に学ぶプログラムです。今回は、総勢162名からなる研修団で、3月27日までの47日間に、パペーテ(フランス領ポリネシア)、ハンガロア(イースター島)、アピア(サモア)、ポンペイ(ミクロネシア連邦)に寄港し、各地で現地の大学への訪問や船上交流会等を実施する予定となっています。
結団式では、山田学長の式辞に続き、斎藤所長が来賓として挨拶をしました。
今回の海外研修航海が、自然に富んだ豊かな海洋資産の保護に注力している太平洋島嶼国の実態を知る上で有意義であり、現地の同世代との交流を通して、日本と太平洋島嶼国の絆を更に深めて貰いたいと述べました。
PICは、東海大学とは、この海外渡航研修用の太平洋島嶼国関連資料の提供等協力して参りましが、今後は更に幅広く交流を行って行きたいと考えています。