MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 台湾とのトラベルバブルが経済のライフラインに(パラオ)

台湾とのトラベルバブルが経済のライフラインに(パラオ)

Covid-19感染拡大により経済的に大打撃を受けたパラオのウィップス大統領は、台湾とのトラベルバブルを歓迎した。パラオは観光産業に大きく依存しており、コロナウィルスの感染拡大の影響を受け民間企業で働く人々のうちの42%が失業中だという。
4日間の予定で台湾を公式訪問している大統領は台湾とのトラベルバブルの重要性を強調し、「この感染拡大の影響で国家予算の40%を借入によって賄っているパラオにとって、台湾とのトラベルバブルは非常に重要であるとともに、パラオの人々が台湾で医療を受けられることも重要だ。」と強調した。大統領は4月1日のフライトでパラオに戻るが、その際には台湾からの110名の観光客も同乗し、この日がトラベルバブルの開始となる。台湾の空港で出迎えを受けた大統領は記者団を前に次のように挨拶した。「台湾はコロナウィルスとの戦いで成功例を見せてくれた。これから2国間で安全に協力していけるものと確信している。お互いの信頼関係が2国間の往来の基本である。」 記者団に中国との関係について質問を受けた大統領は、その関係を不健全な結婚にたとえて、「愛されようとしてるのに相手を殴ったりはしない」と述べ、台湾との関係に異議と唱える中国のやり方に関して、ニンジンをぶら下げる中国のやり方は非生産的だとした。 (Radio New Zealand/MAR30, 2021)
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/439520/taiwan-travel-bubble-a-lifeline-for-palau-s-economy