MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > Malaitaの独立を問う国民投票は違法と政府が主張(ソロモン諸島)

Malaitaの独立を問う国民投票は違法と政府が主張(ソロモン諸島)

ソロモン諸島政府は提案されたMalaitaの独立を問う国民投票は違法であると述べた。Malaita地方の首長であるSuidani氏は、政府が中国からのフライトを受け入れることを受けて、世論調査を実施する旨を先週発表していた。このフライト受け入れは、教会関係者、市民団体など国民から強く反対されたにもかかわらず実施された。Suidani氏は国民の意見に耳を貸さない政府にはもううんざりだとしている。しかし政府は、現行の地方政府法においては、国民投票を実施したとしても何ら有効性が無いと主張する。このような目的に地方自治体の資金を使用すること自体が違法であり、国民投票が実施されたならば、法的措置も辞さないとしている。一方、国民はMalaitaの首都であるAukiで抗議のデモを実施した。Malaita地方の警察署長であるRiolo氏は、デモは平和的ではあったが、ここ数日は状況を注視するよう指示していると述べた。なるべく逮捕者を出さないように、この国ではこうしたことも法の下で解決していきたいとRiolo氏は述べている。
(Radio New Zealand/SEP7, 2020)
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/425464/solomons-govt-says-malaita-independence-referendum-illegal