MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > ココナツ、アボカドオイル生産者がビジネスを太平洋地域に拡大(太平洋諸島・フィジー)

ココナツ、アボカドオイル生産者がビジネスを太平洋地域に拡大(太平洋諸島・フィジー)

太平洋諸島の農民たちに今までよりも高い利益を約束するとしてニュージーランドのココナツ、アボカド生産者がこの数か月の間に農業事業を始動する。Whangareiに本社があるCocavoの社長は、フィジーで2018年から設立準備を始めたChris Nathan氏がつとめている。フィジーの工場では、農民たちがコプラを乾かしてから売るという手間をなくすため、ココナツをすべて加工できるようにした。これにより農民には時間的余裕ができ、ココナツ以外の、ターメリック、カカオ、コーヒーなど環境に適した作物を栽培することができるとNathan氏は述べている。また、ニュージーランドのBiogrowとも提携して、オーガニック作物も生産することになっており、これまでにない程の大規模なオーガニックプロジェクトになるという。また、ココナツの実をエタノールや、使い捨ての食器としても活用できるとしている。Nathan氏は、こうした太平洋諸島との協働は単に収益のためだけでなく、インフラや健康施設などの整備も含めて地域にとっての利益になることを目指しており、今後農民が彼の会社の株主になってほしいと考えている。(Radio New Zealand/MAY05, 2020)