MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 作家が若い読書に、英会話の自信を与える(トンガ)

作家が若い読書に、英会話の自信を与える(トンガ)

「シャーロットの贈り物」のような子供の古典的読み物が、若いトンガ人が英会話を学ぶ中で自信を身につけるのに使用されている。トンガ人の作家である、Olini Fonua氏は、マウファンガで、Oliniの読書プログラムという識字計画を開始した。英語はトンガの高校では必修科目で、Founa氏は、生徒たちが大学になるまでに、読み書きの技術をつけるようなプログラムを提供している。しかし対象は生徒ばかりではなく、英語学習に興味ある人すべてだという。
「トンガ人は英語を話すときに恥ずかしがる傾向があるが、私はこのプログラムを通して、人々の前でもしっかり話せるという自信を身につけて欲しい。」とFouna氏は述べる。彼女は現在自費でこのプログラムを実施しているが、ニュージーランドのBook for Tonga Communityから書籍等の寄付を受けている。また、Founa氏は、読解力向上を支える助手や、場所の提供を求めている。 (Radio New Zealand/MAR12, 2020)