MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 災害多発のアジア太平洋地域 インフラ整備を支援 麻生副総理(太平洋諸島)

災害多発のアジア太平洋地域 インフラ整備を支援 麻生副総理(太平洋諸島)

アジア開発銀行 (ADB)の年次総会がフィジーで開催された。出席した麻生副総理兼財務大臣は、自然災害が集中するアジア太平洋地域の国々に対して災害に強いインフラ整備を支援していく考えを示した。ADBによれば、アジア太平洋地域は台風や地震などの自然災害が数多く発生し、影響を受ける人の数は全世界の84%に上るという。また、同総会で5月4日、麻生副総理兼財務大臣は演説を行った。この中で災害対応の重要性を訴え、「災害が頻発する日本がこれまでに蓄積してきた経験・知識を生かし、積極的に支援していく」と述べ、自然災害に強いインフラ整備を支援していく考えを示した。これに先立ち開かれた観光をテーマにしたセミナーでは、自然災害が観光業に及ぼす影響が議論された。麻生副総理は、空港やホテルが被害を受けると復旧費用の負担に加えて観光収入の減少という二重の経済損失が起きるおそれがあると指摘し、災害保険が重要だという考えを示した。(NHK NEWS SITE/MAY 5, 2019)