MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS [ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 最低賃金を2倍に(ソロモン諸島)

最低賃金を2倍に(ソロモン諸島)

ソロモン諸島政府は国で定めた最低賃金を2倍にした。
介護者労働省Willam Maru氏は、これまで1時間当たり50セントだった賃金を1ドルに引き上げることとしたと16日に発表した。ソロモンスター紙によると、Maru氏は新年から新たな最低賃金制度を導入できるようにこの提案に承認が下りるのを待っているところだという。この提案は、最低賃金の調査と地域の聞き込みの結果だという。労働省はこの引き上げにより、低所得者層にとって物価の高いソロモン諸島での生活がいくらか楽になるのではないかと言っている。議会は来年3月に予定されている総選挙に向けて今週解散される予定だ。ソロモン諸島での最低賃金の引き上げは2008年に実施されて以来のことだ。
(Radio New Zealand/DEC17, 2018)