MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS[ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 仏政府に補償基準のハードルを下げることを要求(仏領ポリネシア)

仏政府に補償基準のハードルを下げることを要求(仏領ポリネシア)

フランス首相のEdouard Philippe氏に提出された報告書には、核実験での被害者である仏領ポリネシアの人々がより補償を受けやすくする提案が盛り込まれていた。 この報告書は仏政府が任命し、今年初めに立ち上げられた委員会によって作成されたもので、委員会は6名の議員と6名の専門家から構成されている。先週、この30年間にわたり核実験の影響について嘘をついていたことを認めたフリッチ仏領ポリネシア大統領が、この委員会の報告書を仏政府に提出した。仏政府は1966年から1996年で193回の核実験を南太平洋でしてきたにもかかわらず、2010年の補償法が採択されてもなお、核実験は人体に何の害も及ぼさないと主張し続けた。2010年から補償の要求はほとんど棄却され続けてきたが、委員会は、被害にあった人々が保証の請求をしやすくし、2021年までに再度請求をできるように法を修正すべきだとしている。委員会は、被害者が医師に診察を受ける際の交通費も補償すべきとし、さらに、核実験に関わった兵士や労働者の記念メダルを鋳造するべきであるとしている。(Radio New Zealand/NOV21, 2018)