MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS[ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > ソロモン諸島は暴風に襲われ、そのまま悪天候はフィジーへ移動

ソロモン諸島は暴風に襲われ、そのまま悪天候はフィジーへ移動

ソロモン諸島を襲った暴風は家々を破壊し、洪水は畑に被害を及ぼした。Kwaibaita川の流域では作物に被害が及び、また飲み水も汚染された。こうした被害は各地で起きており、Kolinaの聖公会牧師は災害援助を求めている。国家災害監理局は今のところ特にコメントを発表していないが、ソロモン諸島の気象局は今後各地で豪雨の予報を出している。こうした豪雨により洪水や地滑りの可能性があるという。
「傾斜地や川の流域に住んでいる人々は身の安全を確保するように」「車を運転する場合は川の水笠に十分注意するように」と警告を発している。FIJIを襲っていた熱帯低気圧のTD03Fは去ったが、強さを増した熱帯低気圧がサイクロンに発達する可能性があるとフィジー気象局は発表している。熱帯低気圧のTD04FがRotumaに接近する予報があり、それがさらに4日にはフィジーに移動する予報が出ている。
今まで洪水や地滑りが起きた地域は特に注意して最悪の事態に備えておくべきであるとの警告も出ている。(Radio New Zealand/JAN 2, 2019)