MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS[ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > EUが気候変動と生物多様性基金計画を見直し(太平洋地域)

EUが気候変動と生物多様性基金計画を見直し(太平洋地域)

EUは海外領である太平洋島嶼等の気候変動と生物多様性プログラムを見直し、今後4年間で4100万ドルの拠出をする内容の調印をした。EUは太平洋共同体および太平洋地域環境プログラムと共に持続可能な発展と気候変動に対応できる経済のために、生物多様性と再生可能エネルギーなどを促進することで支援をしていく。
このプログラムはこれまでのEU諸国の海外領であるニューカレドニア、仏領ポリネシアなどにおける自然資源に関する活動を元にに前進させる。太平洋諸島地域協力を指揮するChristoph Wagner氏によると、この基金は、太平洋島嶼国が協力して専門家の支援を得て問題を解決するとべきであるという、EU諸国の明白な意向の表れであると述べる。太平洋共同体は、農業、漁業と水分野のプロジェクトを担い、太平洋地域環境プログラムは主に侵入生物種について活動する。 (Radio New Zealand/OCT 30, 2018)