MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS[ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > パプアニューギニア マグニチュード7の地震(パプアニューギニア)

パプアニューギニア マグニチュード7の地震(パプアニューギニア)

米地質調査所(USGS)によると、南太平洋のパプアニューギニア東部で11日午前6時48分(日本時間同5時48分)ごろ、マグニチュード(M)7.0の地震があった。震源はニューブリテン島キンベの東約117キロメートル、震源の深さは約40キロメートル。米ハワイの太平洋津波警報センターは、津波の恐れはないとしている。パプアニューギニアでは2月にM7.5の地震があり、ロイター通信によると少なくとも31人が死亡。液化天然ガス(LNG)の生産が一時停止するなどの影響が出た。(NIKKEI/OCT 11, 2018)