MENU閉じる

PACIFIC ISLANDS NEWS[ 太平洋諸島ニュース ]

ホーム > 太平洋諸島ニュース > 太平洋における核実験、さらなる検証が必要(太平洋地域)

太平洋における核実験、さらなる検証が必要(太平洋地域)

ノーベル賞受賞者を含む反核兵器運動を進める学会は、太平洋における核実験の影響についてさらなる検証が必要と指摘した。ニューヨークのPace大学国際軍縮研究所所長のMatthew Bolton教授は仏領ポリネシア、キリバス、マーシャル諸島など核実験がなされた地域では、その影響について長期に渡る検証が必要としている。教授は、「近隣のサモア、フィジー、クック諸島などにおいても、放射能の影響が出ている。にもかかわらず、検証は1970年代初めに終了となり、長期に渡る影響については何も検証されていない。驚くべきことには、これらの国々では事後の詳細な検証がされていないので、核実験に関する認識も非常に低いということだ。」と警告を発している。(Radio New Zealand/OCT 4, 2018)